新しいものづくりがわかるメディア

RSS


液剤の吐出量を設定できる小型電動ディスペンサー「I-EXTRUDER」

USB電源で作動し、シリンジ(注射器)にセットした液剤の吐出時間やスピードが調整できる小型電動ディスペンサー「I-EXTRUDER」のプロジェクトがKickstarterに登場した。クリームはんだ、接着剤、シリコン、シーラント、グリース、潤滑液などの液剤に対応している。

photo

開発元によると、従来のシリンジを使った手作業は効率的ではなく、コンプレッサを使った場合でも、吐出量が一定しない、コンプレッサが邪魔でうるさいなどの問題があった。そこで、USBから給電し、ステッピングモータを使って静かで正確に吐出できる小型電動ディスペンサーI-EXTRUDERを開発したという。

photo

使用方法は、容量10mlの専用シリンジを本体に装着し、「Forward」ボタンを押すと液剤を吐出する。「Reverse」ボタンを押せば、吸い戻したり、吐出後の液だれを防いだりできる。吐出時間、モード、スピード、吸い戻し量などの設定が可能で、10パターンまで保存できる。電源はmicroUSBポートから0.5A以上を供給する。

photo

I-EXTRUDERはKickstarterで7月19日までクラウドファンディング中。現時点で、5万4000ユーロ(約660万円)の目標額に対し4000ユーロ(約49万円)以上を集めている。

専用シリンジ×5、ニードル/ノズル×24、電源用USBケーブルが付属するスターターパックの価格は119ユーロ(約1万4500円)で、12月の出荷を予定している。今なら早期割引適用分を89ユーロ(約1万800円)で入手できる。送料19ユーロ(約2300円)で日本への出荷も可能だ。

photo
photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る