新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino互換で99ドル——オープンソースの多脚ロボットキット「mePed」

Arduino互換機を搭載し、ソフト/ハードともオープンソースの4脚ロボットキット「mePed」のプロジェクトがKickstarterに登場した。

photo

mePedの制御ボードにはArduino Nano互換機を搭載しており、ボディはMDFボード製だ。4脚はそれぞれ2個のサーボで駆動し、歩行、脚を振る、ダンスをするなど基本的な動作は、予めプログラミングされている。超音波距離センサを標準装備しているので、スケッチを作成すれば、迷路を解く、障害物を避けるなどの複雑な動作をさせることもできる。

photo

mePedの特徴は、ソフト/ハードともにオープンソースであることで、仕様はキャンペーン終了後に公開するとしている。また、Arduino互換機の空き端子はピンヘッダに接続されており、センサやその他ハードウエアの追加など、自由なカスタマイズができる。通信インターフェースとして、リモコンとのIR通信に加え、BluetoothとI2Cポートを実装する。

photo

開発元は、誰でも買えるロボットとして100ドルをきる価格で、かつオープンソースとして提供するのが狙いだとしている。

photo

mePedはKickstarterで7月7日までクラウドファンディング中。現時点で、5000ドル(約53万4000円)の目標額に対し約2500ドル(約26万7000円)以上を集めている。

希望小売価格は99ドル(約1万600円)で、9月の出荷を予定している。今なら早期割引適用分を94ドル(約1万円)で入手できる。送料22ドル(約2350円)で日本への出荷も可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る