新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino互換で99ドル——オープンソースの多脚ロボットキット「mePed」

Arduino互換機を搭載し、ソフト/ハードともオープンソースの4脚ロボットキット「mePed」のプロジェクトがKickstarterに登場した。

photo

mePedの制御ボードにはArduino Nano互換機を搭載しており、ボディはMDFボード製だ。4脚はそれぞれ2個のサーボで駆動し、歩行、脚を振る、ダンスをするなど基本的な動作は、予めプログラミングされている。超音波距離センサを標準装備しているので、スケッチを作成すれば、迷路を解く、障害物を避けるなどの複雑な動作をさせることもできる。

photo

mePedの特徴は、ソフト/ハードともにオープンソースであることで、仕様はキャンペーン終了後に公開するとしている。また、Arduino互換機の空き端子はピンヘッダに接続されており、センサやその他ハードウエアの追加など、自由なカスタマイズができる。通信インターフェースとして、リモコンとのIR通信に加え、BluetoothとI2Cポートを実装する。

photo

開発元は、誰でも買えるロボットとして100ドルをきる価格で、かつオープンソースとして提供するのが狙いだとしている。

photo

mePedはKickstarterで7月7日までクラウドファンディング中。現時点で、5000ドル(約53万4000円)の目標額に対し約2500ドル(約26万7000円)以上を集めている。

希望小売価格は99ドル(約1万600円)で、9月の出荷を予定している。今なら早期割引適用分を94ドル(約1万円)で入手できる。送料22ドル(約2350円)で日本への出荷も可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. Raspberry PiでIoTの実証実験ができる——WDS、セルラー系LPWAを利用する「IoT-Pi for LTE-M」発売
  4. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  5. あらゆる素材をアップグレードする技術——Nature Architectsが拡張する、3Dプリントの可能性
  6. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  7. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  8. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  9. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  10. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る