新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マルチマテリアルに対応したフルカラー3Dプリンタ「Stratasys J750」

ストラタシス・ジャパンは、Polyjet方式マルチマテリアルフルカラー3Dプリンタ「Stratasys J750」を発売した。

photo

Stratasys J750は、最大6種類の造形材料を混合するマルチマテリアル機能を搭載し、5種類の色付硬質カラー材料(シアン/マゼンタ/イエロー/ブラック/ホワイト)を組み合わせることにより、36万色以上のカラーバリエーションを表現できる。

photo

対応する造形材料は硬質樹脂、ラバーライク樹脂、ABSライク樹脂、複合樹脂など多数のバリエーションが用意されており、硬質から軟質、不透明から透明まで幅広いマルチマテリアル物性が再現できるとしている。

photo

また、新たにテクスチャマッピングにも対応したことで、従来の3Dプリンタでは表現が困難だった木目調などのデザイン性の高い模様など、より実物に近い造形が可能となった。

photo

ソフトウェアも一新されており、「PolyJet Studio」では直感的なユーザインターフェースにより、マテリアル選択やビルド、プリントジョブ管理の効率化が図られている。カラーテクスチャは、CADツールからインポートされたVRMLファイルからロードできる。

同社によると、Stratasys J750では従来必要だったポストプロセスが不要となり、コストやリソースを削減することによって製品プロセスの効率化が図られるという。ワークフロー視覚的なプロトタイプや、ツーリングやモールド、冶工具といったパーツの作成など、広範なニーズに対応できるとしている。

photo フルカラーで、サーフェイス、ゴムライクのソール全ての要素を一体のモデルとして造形している

筐体サイズは1400×1260×1100mm、本体重量は430kg、最大造形サイズは490×390×200mm、積層ピッチは14~27μm(造形モードにより変化)。解像度はX軸とY軸が600dpi、Z軸は1800dpiだ。Windows 7、8.1に対応している。

Stratasys J750は、6月22日~24日まで東京ビッグサイトにて開催される「第27回 設計・製造ソリューション展」にて出展される。

photo フルカラーとマルチマテリアルを組み合わせた機能によりプリントされた人体模型モデル

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  4. ポジティブワン、USBから直接駆動できる「128×64 OLEDディスプレイ小型USBモジュール」発売
  5. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  8. サイズ情報をPCに転送——富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」発売
  9. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  10. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る