新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduinoベースのポータブルゲームコンソール「2048」

Arduinoをベースとし、自分で組み立ててプログラミングするオープンソースのポータブルゲームコンソール「2048」のプロジェクトがKickstarterに登場した。ユーザーは楽しみながらソフトとハードのスキルを高めることができるとしている。

photo

2048という名称は、ディスプレイに使っているLEDを64×32個配列したスクリーンからきている。LEDのカラー、点灯箇所/時間の3つをコードで記述できるため、特別なグラフィックの知識を必要とせずに、レトロなビジュアルを作り出せるという。

photo

ハードウェア面では、プロセッサにAtmel AVRファミリーのATmega 2560 R3を搭載する。開発元のCreoqodeによれば、プラグアンドプレイを意識した拡張性を持たせているとし、ユーザーによるセンサの追加なども容易だという。ソフトウェア開発環境にはArduino IDEを採用しており、Windows/Macに対応する。

また開発元は、プロジェクト完了後にクラウドベースのコミュティを立ち上げ、ユーザー同士がゲームのコードをシェアしたり、ゲームのコンテストを開催したいとしている。

photo

2048はKickstarterで7月22日までクラウドファンディング中。現時点で2万ポンド(約271万円)の目標額に対し、1万1000ポンド(約149万円)以上を集めている。

photo

組み立てが必要なDIYと完成品RTGの2つのタイプがあり、DIYタイプが199ポンド(約2万7000円)、RTGタイプが249ポンド(約3万3800円)で、12月の出荷を予定している。今なら早期割引適用分をDIYタイプが99ポンド(約1万3400円)、RTGタイプが149ポンド(約2万200円)で入手できる。送料15ポンド(約2040円)で日本への出荷も可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る