新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduinoベースのポータブルゲームコンソール「2048」

Arduinoをベースとし、自分で組み立ててプログラミングするオープンソースのポータブルゲームコンソール「2048」のプロジェクトがKickstarterに登場した。ユーザーは楽しみながらソフトとハードのスキルを高めることができるとしている。

photo

2048という名称は、ディスプレイに使っているLEDを64×32個配列したスクリーンからきている。LEDのカラー、点灯箇所/時間の3つをコードで記述できるため、特別なグラフィックの知識を必要とせずに、レトロなビジュアルを作り出せるという。

photo

ハードウェア面では、プロセッサにAtmel AVRファミリーのATmega 2560 R3を搭載する。開発元のCreoqodeによれば、プラグアンドプレイを意識した拡張性を持たせているとし、ユーザーによるセンサの追加なども容易だという。ソフトウェア開発環境にはArduino IDEを採用しており、Windows/Macに対応する。

また開発元は、プロジェクト完了後にクラウドベースのコミュティを立ち上げ、ユーザー同士がゲームのコードをシェアしたり、ゲームのコンテストを開催したいとしている。

photo

2048はKickstarterで7月22日までクラウドファンディング中。現時点で2万ポンド(約271万円)の目標額に対し、1万1000ポンド(約149万円)以上を集めている。

photo

組み立てが必要なDIYと完成品RTGの2つのタイプがあり、DIYタイプが199ポンド(約2万7000円)、RTGタイプが249ポンド(約3万3800円)で、12月の出荷を予定している。今なら早期割引適用分をDIYタイプが99ポンド(約1万3400円)、RTGタイプが149ポンド(約2万200円)で入手できる。送料15ポンド(約2040円)で日本への出荷も可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る