新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリント後に形状をカスタマイズできる——形状記憶フィラメント「SMP55」

プラスチック製品の製造販売を手がけるキョーラクと、形状記憶ポリマーの研究開発技術をもつSMPテクノロジーズは、形状記憶フィラメント「SMP55」を共同開発し、「フィラメント工房」ブランドより6月29日に発売する。

SMP55は形状記憶ポリマー素材を使った3Dプリンタ用フィラメントだ。3Dプリンタで造形された形状を記憶し、ガラス転移点(Tg)の55度以上に加熱すると軟化して容易に形状を変形でき、冷却すると変形したままで固定できる。そして再度Tg以上に加熱すると元形状に戻るという性質をもつ。

photo
photo
photo

同社によると、FFF(熱溶解積層)方式で使用される材料は、肌に触れる造形物には適さない硬い樹脂が多く、また造形後に形を変えることができないために3D データを精度良く作成するスキルが求められるなどの課題がある。

SMP55の造形温度は約200度で、冷却後の収縮は少ないという。変形後にそのまま冷却すれば形状が固定されるため、3Dプリント後にお湯やドライヤーなどで加熱して形状をカスタマイズし個人に合わせてフィットさせたり、ひとつの3Dデータから複数の形状を作り出すことが可能になる。

photo

また、SMP55は生体適合性素材であり、メガネやギプスといった肌に直接触れるものの造形にも適しているという。これまで3Dスキャンによるオーダーメイドで作っていた義手や義足など、医療分野での利用も可能だとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る