新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オープンソースのBluetoothセンサビーコン「RuuviTag」

オープンソースのBluetoothセンサビーコン「RuuviTag」のプロジェクトがKickstarterに登場した。ドーナツ型の基板の中央にコイン型リチウムイオン電池をセットする構造だ。

photo

RuuviTagは、Eddystone/iBeaconに準拠した近接センサ用プラットフォームだ。いわゆるBluetoothビーコンとして機能するため、通信範囲内にEddystone/iBeacon対応デバイスがあれば、特殊なアプリをインストールすることなく、RuuviTagからのデータをブロードキャストしてデバイス上で確認させることができる。ペアリングも不要なため、高い利便性が特徴だ。

RuuviTagには、温度センサを内蔵したものと、温度/湿度/気圧/高度/加速度センサを内蔵したものがあり、活用範囲は広い。動画はウェザーステーションアプリと組み合わせた活用例だ。

photo

心臓部には、Nordic SemiconductorのSoC「nRF52832」を採用し、Bluetooth 4.2に対応し、Bluetooth 5.0もサポート予定だ。開発元は、Kickstarterでの支援募集にあたり、日本国内の技適はキャンペーン終了後に取得する予定だと述べている。バッテリにはボタン型リチウムイオン電池を使用し、電池寿命は最長10年と推定している。

photo

RuuviTagはKickstarterで8月11日までクラウドファンディング中。現時点で1万ドル(約104万円)の目標額を大幅に超える7万8000ドル(約814万円)以上を集めている。

価格は5種のセンサを実装したバージョンが単品で25ドル(約2610円)。出荷開始は10月の予定で、送料5ドル(約522円)で日本への出荷も可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る