新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロボット月面探査レース参加のHAKUTOがJAXAと共同研究、目的は宇宙放射線環境データの取得

ロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に挑戦するHAKUTOは、JAXAと共同研究契約を締結した。この共同研究は、HAKUTOが開発中のローバーを使い、宇宙放射線による被ばく線量データを取得することを目的としている。

共同研究の目的は、月遷移軌道や月面における宇宙放射線環境データの測定だ。HAKUTOとJAXAは、HAKUTOが開発中のローバーに、民生品を改修した超小型リアルタイム線量計を搭載し、宇宙放射線による被ばく線量データの取得を目指す。

HAKUTOのローバーは2015年1月末、宇宙空間でも問題なく性能を発揮できると証明されたハードウェアやソフトウェアに贈られる「モビリティサブシステム中間賞」を受賞。2016年8月末には、フライトモデルのデザインが発表されている。

今回の共同研究は、民間主導の宇宙探査ミッションにおいて日本の宇宙機関が共同研究する初の試みとなる。HAKUTOとJAXAは、この共同研究をきっかけとして、民間による新しい宇宙開発の形を模索していくとしている。

宇宙産業のフェーズシフトにおける第4期に相当。 宇宙産業のフェーズシフトにおける第4期に相当。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  5. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  6. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. 第8回 慶應SFC研究所 高大連携教育WG、奈良県立高で「つくりかたの未来講座」を開催——STEM手法で生徒の創造性を引き出すワークショップ
  9. 押しボタンの奥深い世界——押下の正確性を向上するシミュレーションを開発
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る