新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロボット月面探査レース参加のHAKUTOがJAXAと共同研究、目的は宇宙放射線環境データの取得

ロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に挑戦するHAKUTOは、JAXAと共同研究契約を締結した。この共同研究は、HAKUTOが開発中のローバーを使い、宇宙放射線による被ばく線量データを取得することを目的としている。

共同研究の目的は、月遷移軌道や月面における宇宙放射線環境データの測定だ。HAKUTOとJAXAは、HAKUTOが開発中のローバーに、民生品を改修した超小型リアルタイム線量計を搭載し、宇宙放射線による被ばく線量データの取得を目指す。

HAKUTOのローバーは2015年1月末、宇宙空間でも問題なく性能を発揮できると証明されたハードウェアやソフトウェアに贈られる「モビリティサブシステム中間賞」を受賞。2016年8月末には、フライトモデルのデザインが発表されている。

今回の共同研究は、民間主導の宇宙探査ミッションにおいて日本の宇宙機関が共同研究する初の試みとなる。HAKUTOとJAXAは、この共同研究をきっかけとして、民間による新しい宇宙開発の形を模索していくとしている。

宇宙産業のフェーズシフトにおける第4期に相当。 宇宙産業のフェーズシフトにおける第4期に相当。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る