新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DIYをブームから文化へ——カインズと大都が業務提携、DIYによるライフスタイル提案強化が狙い

ホームセンターを展開するカインズとDIY FACTORYを運営する大都は、「DIYによる暮らし方や楽しみ方というライフスタイルの提案を強化し、DIYを一過性のブームではなく、文化として根付かせる」ことを目的に業務提携を行った。

両社は、DIY分野においては女性の関心層は58%に達するが、やり方が分からなかったり作業場所が確保できなかったりなどの理由で、実際に取り組む層は14%にとどまっているとしている。このようなDIYの実践環境の不足に対して、両社が提携することにより実践の場を提供するなどのマッチングを図る。

photo カインズ 茂原店
photo DIY FACTORY OSAKA

カインズは、全国200以上の店舗や商品開発、DIYサークル「CAINZ DIY Style」の運営を始め、工作室やペイントルーム、レーザー加工機や3Dプリンタが設置されたデジタル工房などが利用できる「CAINZ工房」の運営をしている。一方、大都はDIYをベースとしたコミュニティと情報発信力を有しており、両社が提携することによって、より多くの顧客層に価値提供できるというシナジー効果を狙う。

photo CAINZ 工房
photo DIY FACTORY

まず、DIY FACTORYオリジナル溶接機「DIY FACTORY sparky」を、カインズの一部店舗にて販売を開始し、今後は共同商品やワークショップの開発を検討する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る