新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DIYをブームから文化へ——カインズと大都が業務提携、DIYによるライフスタイル提案強化が狙い

ホームセンターを展開するカインズとDIY FACTORYを運営する大都は、「DIYによる暮らし方や楽しみ方というライフスタイルの提案を強化し、DIYを一過性のブームではなく、文化として根付かせる」ことを目的に業務提携を行った。

両社は、DIY分野においては女性の関心層は58%に達するが、やり方が分からなかったり作業場所が確保できなかったりなどの理由で、実際に取り組む層は14%にとどまっているとしている。このようなDIYの実践環境の不足に対して、両社が提携することにより実践の場を提供するなどのマッチングを図る。

photo カインズ 茂原店
photo DIY FACTORY OSAKA

カインズは、全国200以上の店舗や商品開発、DIYサークル「CAINZ DIY Style」の運営を始め、工作室やペイントルーム、レーザー加工機や3Dプリンタが設置されたデジタル工房などが利用できる「CAINZ工房」の運営をしている。一方、大都はDIYをベースとしたコミュニティと情報発信力を有しており、両社が提携することによって、より多くの顧客層に価値提供できるというシナジー効果を狙う。

photo CAINZ 工房
photo DIY FACTORY

まず、DIY FACTORYオリジナル溶接機「DIY FACTORY sparky」を、カインズの一部店舗にて販売を開始し、今後は共同商品やワークショップの開発を検討する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  3. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  6. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  10. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る