新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DIYをブームから文化へ——カインズと大都が業務提携、DIYによるライフスタイル提案強化が狙い

ホームセンターを展開するカインズとDIY FACTORYを運営する大都は、「DIYによる暮らし方や楽しみ方というライフスタイルの提案を強化し、DIYを一過性のブームではなく、文化として根付かせる」ことを目的に業務提携を行った。

両社は、DIY分野においては女性の関心層は58%に達するが、やり方が分からなかったり作業場所が確保できなかったりなどの理由で、実際に取り組む層は14%にとどまっているとしている。このようなDIYの実践環境の不足に対して、両社が提携することにより実践の場を提供するなどのマッチングを図る。

photo カインズ 茂原店
photo DIY FACTORY OSAKA

カインズは、全国200以上の店舗や商品開発、DIYサークル「CAINZ DIY Style」の運営を始め、工作室やペイントルーム、レーザー加工機や3Dプリンタが設置されたデジタル工房などが利用できる「CAINZ工房」の運営をしている。一方、大都はDIYをベースとしたコミュニティと情報発信力を有しており、両社が提携することによって、より多くの顧客層に価値提供できるというシナジー効果を狙う。

photo CAINZ 工房
photo DIY FACTORY

まず、DIY FACTORYオリジナル溶接機「DIY FACTORY sparky」を、カインズの一部店舗にて販売を開始し、今後は共同商品やワークショップの開発を検討する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  5. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  6. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  7. クモの糸に匹敵——強度と靭性を兼ね備えた軽量ポリマー繊維を開発
  8. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  9. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  10. 超広角カメラを内蔵——Makeblock、デスクトップ型レーザーカッター「Laserbox」の国内販売を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る