新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi用センサ搭載拡張基板「PiCCASO」と「サーボモーター拡張モジュール」発売

ビット・トレード・ワンは、PICマイコンと各種センサを搭載した拡張基板「PiCCASO」とRCサーボを滑らかに動かせる「サーボモーター拡張モジュール」の完成品と部品セットを発売する。CQ出版社発行の「トランジスタ技術11月号」との連動企画製品だ。

photo 「PiCCASO」完成品

PiCCASOは、IoT実験基板「ApplePi」に続く第2弾。今回は自作用マイコンとして定評のあるPICマイコンと、16×2バックライト付液晶ディスプレイなどを搭載する拡張基板だ。測距センサと温度/湿度/気圧の複合センサを搭載するが、特に測距センサはRaspberry Piに直接接続できないアナログ出力タイプであり、PICマイコンとプログラミングでRaspberry Piの入出力を強化する手法が実験できる。特集記事では、測距センサに人が近づいたらスピーカーから発声する「音声案内機」や、ディスプレイ上にセンサ出力値や現在時刻を表示する例などを紹介する。

セットには他に1Wのパワーアンプ、スピーカー、半固定ボリュームなどが付属し、突起部を含めない外形寸法は92×55×40mmで、重量は約110g。Raspberry Pi 2 Model BとRaspberry Pi 3 Model Bに対応する。

photo

サーボモーター拡張モジュールは、高分解なPWM制御をPICマイコンで行うことで、Raspberry Piを使ってRCサーボを滑らかに作動させられるサーボモーター制御基板だ。特集記事では、カメラモジュールを搭載してスマートフォンでパン/チルトなど遠隔操作ができる「ロボットカメラ」の作例を紹介する。

photo 「サーボモーター制御拡張モジュール」完成品

突起部を含めない外形寸法は55×58×15mm、重量は約18g。Raspberry Pi 2 Model BとRaspberry Pi 3 Model Bに対応する。セットにはサーボや接続ケーブルなどは付属していないので、別途購入が必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る