新しいものづくりがわかるメディア

RSS


造形物が暗闇で光る——FFF方式3Dプリンタ用光反射フィラメント「ReFilactive」

光を反射して暗闇で光るFFF方式3Dプリンタ用フィラメント「ReFilactive」がindiegogoにて出資を募っている。

photo

ReFilactiveは光を反射するビーズを基材に混合したフィラメントだ。造形物は自然光の下では灰色だが、暗闇の中で強い光を当てると光を反射して、白く光る。また、柔軟性があり、接着や縫製、釘打ちなど様々な方法で加工できるという。

開発元は台湾のBotFeeder。同社によると、テープやゴム製の反射材はあるが、3Dプリンタ用フィラメントにはないことに着目し、製品化を進めたという。自転車などのリフレクターや傘、工事現場で用いられるコーンやヘルメットなどを造形すれば、夜間外出/作業時における視認性や安全性が高まるとしている。

photo

同社は2015年Kickstarterで、柔軟性と強靭さを併せ持ったフィラメント「Filastic」の資金調達に成功しており、これに続く形となる。

フィラメント径は1.75mmで、推奨プリント条件はヘッド温度230℃、造形スピード20mm/秒、積層ピッチ0.2~0.3mm、ノズル径0.4mm以上としている。また、ヒーテッドベッドを使用する場合、加熱したベッドに定着する面の光反射効果はなくなるとのことだ。

製品ラインアップとして5mで10ドル(約1010円)、10mで15ドル(約1520円)、250gで45ドル(約4560円)の3タイプを用意する。indiegogoではセット割引価格として、5m、10m、250gのセットで45ドル(約4560円)となるプランもある。海外への発送も対応しており、送料は無料だ。プロジェクトが順調に消化された場合、出荷は11月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る