新しいものづくりがわかるメディア

RSS


造形物が暗闇で光る——FFF方式3Dプリンタ用光反射フィラメント「ReFilactive」

光を反射して暗闇で光るFFF方式3Dプリンタ用フィラメント「ReFilactive」がindiegogoにて出資を募っている。

photo

ReFilactiveは光を反射するビーズを基材に混合したフィラメントだ。造形物は自然光の下では灰色だが、暗闇の中で強い光を当てると光を反射して、白く光る。また、柔軟性があり、接着や縫製、釘打ちなど様々な方法で加工できるという。

開発元は台湾のBotFeeder。同社によると、テープやゴム製の反射材はあるが、3Dプリンタ用フィラメントにはないことに着目し、製品化を進めたという。自転車などのリフレクターや傘、工事現場で用いられるコーンやヘルメットなどを造形すれば、夜間外出/作業時における視認性や安全性が高まるとしている。

photo

同社は2015年Kickstarterで、柔軟性と強靭さを併せ持ったフィラメント「Filastic」の資金調達に成功しており、これに続く形となる。

フィラメント径は1.75mmで、推奨プリント条件はヘッド温度230℃、造形スピード20mm/秒、積層ピッチ0.2~0.3mm、ノズル径0.4mm以上としている。また、ヒーテッドベッドを使用する場合、加熱したベッドに定着する面の光反射効果はなくなるとのことだ。

製品ラインアップとして5mで10ドル(約1010円)、10mで15ドル(約1520円)、250gで45ドル(約4560円)の3タイプを用意する。indiegogoではセット割引価格として、5m、10m、250gのセットで45ドル(約4560円)となるプランもある。海外への発送も対応しており、送料は無料だ。プロジェクトが順調に消化された場合、出荷は11月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る