新しいものづくりがわかるメディア

RSS


造形物が暗闇で光る——FFF方式3Dプリンタ用光反射フィラメント「ReFilactive」

光を反射して暗闇で光るFFF方式3Dプリンタ用フィラメント「ReFilactive」がindiegogoにて出資を募っている。

photo

ReFilactiveは光を反射するビーズを基材に混合したフィラメントだ。造形物は自然光の下では灰色だが、暗闇の中で強い光を当てると光を反射して、白く光る。また、柔軟性があり、接着や縫製、釘打ちなど様々な方法で加工できるという。

開発元は台湾のBotFeeder。同社によると、テープやゴム製の反射材はあるが、3Dプリンタ用フィラメントにはないことに着目し、製品化を進めたという。自転車などのリフレクターや傘、工事現場で用いられるコーンやヘルメットなどを造形すれば、夜間外出/作業時における視認性や安全性が高まるとしている。

photo

同社は2015年Kickstarterで、柔軟性と強靭さを併せ持ったフィラメント「Filastic」の資金調達に成功しており、これに続く形となる。

フィラメント径は1.75mmで、推奨プリント条件はヘッド温度230℃、造形スピード20mm/秒、積層ピッチ0.2~0.3mm、ノズル径0.4mm以上としている。また、ヒーテッドベッドを使用する場合、加熱したベッドに定着する面の光反射効果はなくなるとのことだ。

製品ラインアップとして5mで10ドル(約1010円)、10mで15ドル(約1520円)、250gで45ドル(約4560円)の3タイプを用意する。indiegogoではセット割引価格として、5m、10m、250gのセットで45ドル(約4560円)となるプランもある。海外への発送も対応しており、送料は無料だ。プロジェクトが順調に消化された場合、出荷は11月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 星や銀河を全自動で観測/撮影できるスマート天体望遠鏡カメラ「Vespera」 #CES2021
  2. 壁の中をスキャンしてくぎなどの位置を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」 #CES2021
  3. Apple Watchをヘッドマウント——スカウター型スマートグラス「ホロスター」
  4. レトロゲームが遊べる、作曲ができる——ゲームボーイ互換のポータブルゲーム機「Analogue Pocket」 #CES2021
  5. Raspberry Pi Zero用カメラポート付きUSBハブモジュール「Moon Pi Hub Cam」
  6. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  7. DMM.make、「PostPro 3D」を使った3Dプリント品の特殊表面処理サービスを開始
  8. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  9. それ、M5でつくれるよ ——猫をつくれるよ
  10. アフレル、AIロボティクス教材「ロボットではじめる深層学習TensorFlow × 画像認識 × EV3」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る