新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ArduinoシールドをPythonで使える——Arduinoライクなマイコン「Pyduino」

Arduino Unoとピン互換があり、MicroPythonでプログラミングできるマイコン「Pyduino」がKickstarterにて出資を募っている。

photo

Pyduinoは、ArduinoライクなMicroPythonボードで、ほとんどのArduinoのシールドを接続でき、Pythonでプログラミングできることが特徴だ。入出力はArduinoのピンと同じラベルで指定できるので、Arduino用に別の言語で書かれたプログラムからの書き換えも容易だ。

入出力インターフェースはPWM×13、アナログ入力×12、シリアルポート×3、CAN-bus ×2、I2C×2などにアサインでき、ストレージはmicroSDカード、PC接続にはminiUSBを使う。

photo
photo Adafruit モータシールドの使用例

また、MicroPythonを使うメリットに、豊富なPythonのライブラリが利用できることがある。例えばAdafruitのモータシールドを接続し、Pythonのモジュールをインポートすれば、簡単にDCモータを駆動するプログラムが書ける。

photo

開発者によると、子どもがPythonのチュートリアルを簡単に進めるところを目の当たりにし、「ArduinoシールドをCではなくPythonで使えれば」と思いついたのがきっかけだという。

本体価格は45ドル(約4660円)。Kickstarterでは早期割引価格として、35ドル(約3630円)で購入できるプランなどを提供中だ。付属品として2GBのSDカードが付属する。

プロジェクトは11月16日までクラウドファンディング中だ。目標額4500ドル(約46万6000円)に対し、10月13日の時点で1600ドル(約16万6000円)が集まっている。プロジェクトが順調に消化された場合、早期割引版の出荷は2017年1月、通常版は同2月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  5. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  6. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  7. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  8. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  9. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  10. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る