新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ArduinoシールドをPythonで使える——Arduinoライクなマイコン「Pyduino」

Arduino Unoとピン互換があり、MicroPythonでプログラミングできるマイコン「Pyduino」がKickstarterにて出資を募っている。

photo

Pyduinoは、ArduinoライクなMicroPythonボードで、ほとんどのArduinoのシールドを接続でき、Pythonでプログラミングできることが特徴だ。入出力はArduinoのピンと同じラベルで指定できるので、Arduino用に別の言語で書かれたプログラムからの書き換えも容易だ。

入出力インターフェースはPWM×13、アナログ入力×12、シリアルポート×3、CAN-bus ×2、I2C×2などにアサインでき、ストレージはmicroSDカード、PC接続にはminiUSBを使う。

photo
photo Adafruit モータシールドの使用例

また、MicroPythonを使うメリットに、豊富なPythonのライブラリが利用できることがある。例えばAdafruitのモータシールドを接続し、Pythonのモジュールをインポートすれば、簡単にDCモータを駆動するプログラムが書ける。

photo

開発者によると、子どもがPythonのチュートリアルを簡単に進めるところを目の当たりにし、「ArduinoシールドをCではなくPythonで使えれば」と思いついたのがきっかけだという。

本体価格は45ドル(約4660円)。Kickstarterでは早期割引価格として、35ドル(約3630円)で購入できるプランなどを提供中だ。付属品として2GBのSDカードが付属する。

プロジェクトは11月16日までクラウドファンディング中だ。目標額4500ドル(約46万6000円)に対し、10月13日の時点で1600ドル(約16万6000円)が集まっている。プロジェクトが順調に消化された場合、早期割引版の出荷は2017年1月、通常版は同2月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る