新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Genkei、FFF方式3Dプリンタの新モデル「Lepton2」発売

Genkeiは、FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタの新モデル「Lepton2」の販売を開始した。

Lepton2では、前モデルの「Lepton」ユーザーからの堅牢性/メンテナンス性に関するフィードバックを反映し、機体外骨格にアルマイト処理したアルミフレーム、直動部品にはロング版を採用するなど、外部/内部構造を一新し、ガタつきやブレを抑えることで堅牢性を高めた。さらに、パーツの着脱を念頭においた再設計により、メンテナンス性を向上させた。

Leptonではオプションだったヒートベッドを標準装備、また、LCDコントロールパネルを搭載し、スタンドアロン動作が可能だ。オプションとして高温対応新型ノズル、アクリルカバー、昇降式デュアルエクストルーダー「T-Lifter」、超静音化キットなどにも対応する。ペースト素材射出、Wi-Fiでの遠隔プリント/管理などの新機能も今後追加する予定だとしている。

Lepton2の本体サイズは364×375(リール含まず)×425mm、最大造形サイズは200×200×200mm(シングルヘッド時)、積層ピッチは25~300μmで、プリント速度は毎秒5~120mmだ。

同社では、同価格帯の3Dプリンタでは困難な精度と充実した機能を実現し、個人や企業の製造現場、クリエイター、教育機関などで誰でも簡単に継続的に使い続けられるモデルとして提供するとしている。また、前モデルに引き続き、フレームから射出系まですべて国内で加工、組み立てを行っている。

対応フィラメントは、PLA、ABS、PET、ナイロン、TPE、ゴム/TPU/TPC、PolyFlex、FlexPLA、FillaFlex(TITAN用)、木材、金属、PVA、ポリカーボネート、Co-Polymer、HIPSなどが用意されている。

Lepton2の価格は、直販サイトにて12万9600円、デュアルエクストルーダー、Simplify3Dソフトを標準搭載したモデルが20万6280円(価格はいずれも税込)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. オリジナルマインド、全軸リニアガイド採用のデスクトップ型CNCフライス「KitMill CL」シリーズ発売
  3. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  4. IoTBASE、ソニーのLPWA通信規格「ELTRES」に対応
  5. エイミー、IoTと電子工作の知識共有サービス「elchika」正式リリース
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  8. 一見、鉛蓄電池を彷彿させる地味なフォルムが逆に新鮮だったラジオ「National Panasonic Portable Radio RF-727 COUGAR No.5」
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. 時の光が降り積もる——LEDデザイン時計「TIMEDROP LED CLOCK」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る