新しいものづくりがわかるメディア

RSS


OSインストーラ付きのRaspberry Pi用ストレージ「WD PiDrive Foundation Edition」

米Western Digitalは、Raspberry Pi用ストレージ「WD PiDrive Foundation Edition」を発表した。

フラッシュメモリモデル フラッシュメモリモデル

WD PiDrive Foundation Editionには、USB接続の375GB/250GBのハードディスクモデルと、64GBのフラッシュメモリモデルという3タイプがある。

OS インストーラ「NOOBS」の入ったmicroSDカードが付属しており、インターネット接続なしでRaspbian PIXELをインストールできる。

また、WD PiDrive Foundation Editionは、その大きな記憶容量を有効利用するための機能「Project Spaces」を備えている。この機能を使うと、コアOSインスタンスを複数インストールしてそれぞれに領域を与えたり、ユーザーごとに個別の作業領域を割り当てたりすることができる。

価格は375GB版が37.49ドル(約4100円)、250GB版が28.99ドル(約3200円)、64GB版が18.99ドル(約2100円)。WD PiDrive Foundation Editionは、同社の米国のWebサイトで販売しているが、出荷先は現在のところ米国内しか指定できなくなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  6. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  7. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  8. 119の“しかけ”をめくってプログラミングを学ぶ——「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」発刊へ
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る