新しいものづくりがわかるメディア

RSS


OSインストーラ付きのRaspberry Pi用ストレージ「WD PiDrive Foundation Edition」

米Western Digitalは、Raspberry Pi用ストレージ「WD PiDrive Foundation Edition」を発表した。

フラッシュメモリモデル フラッシュメモリモデル

WD PiDrive Foundation Editionには、USB接続の375GB/250GBのハードディスクモデルと、64GBのフラッシュメモリモデルという3タイプがある。

OS インストーラ「NOOBS」の入ったmicroSDカードが付属しており、インターネット接続なしでRaspbian PIXELをインストールできる。

また、WD PiDrive Foundation Editionは、その大きな記憶容量を有効利用するための機能「Project Spaces」を備えている。この機能を使うと、コアOSインスタンスを複数インストールしてそれぞれに領域を与えたり、ユーザーごとに個別の作業領域を割り当てたりすることができる。

価格は375GB版が37.49ドル(約4100円)、250GB版が28.99ドル(約3200円)、64GB版が18.99ドル(約2100円)。WD PiDrive Foundation Editionは、同社の米国のWebサイトで販売しているが、出荷先は現在のところ米国内しか指定できなくなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3D CADを活用したものづくりの核心に迫る——「Fusion 360 Masters」発刊
  2. 回路の製作や実験に役立つ——「基本電子部品大事典」発刊
  3. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  4. グラデ出力がきれい! 色表現豊かな3Dプリンター「ダヴィンチJr. 2.0 Mix」
  5. レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」
  6. 社会に求められるファブ施設とは——ものづくりから始まるコミュニティの在り方
  7. テクノロジー好き必見!AI・IoTなど注目の先端技術を無料でリッチに学べる体験型展示——TEPIA 先端技術館
  8. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る