新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高精度な3Dモデルを低価格で作成——市販3Dスキャナの性能が大幅に向上する「Rabbit Scanner」

同製品は、3Dスキャナ付属ソフトの代わりに使用してスキャンするだけで、プロ用3Dハンディスキャナに近い結果を出力できるソフトウェアだ。

スキャンした撮像点群から格子(メッシュ)モデルを作成するメッシュモデリングの技術を応用して3Dモデルを作成する。東京大学の矢川名誉教授が考案したフリーメッシュ法に独自の技術を加え、ほぼエラーレスで3Dプリンタから出力できるようになったという。

「ポンタスキャナプログラム」の資金調達をCAMPFIREで実施したポンタ研究所と、CAEソフトウェア開発のテクノスターが共同で開発。テクノスターが販売とPRを手がけている。 

インテル製3DカメラReal SenseF200またはReal SenseSR300を内蔵した3Dハンディスキャナに対応。XYZprintingのハンドヘルド3DスキャナとIntel RealSense Developer Kitで動作確認済みだ。

出力ファイルのフォーマットはSTL(色付きには未対応)。撮像できる対象物の大きさは約30cmまでで、測定範囲は約60cmまでだ。暗い色、光を反射する素材、透明な素材、毛髪は撮像対象外となっている。

必要なPCスペックは、CPUが第4世代Core-i5 1.2Ghz以上、メモリは4GB以上、OSはWindows 8.1以降で、USB3.0ポートが必須だ。

ダウンロード販売の通常価格は1万円(税込)だが、Makuakeでは早期割引品として30%OFFの7000円(税込)コース、10本セットで50%OFFの5万円(税込)コースを用意。2017年3月中に発送する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  6. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  7. ソフトロボットへの応用も——印刷技術による薄く柔軟なモーターを開発
  8. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  9. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る