新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高精度な3Dモデルを低価格で作成——市販3Dスキャナの性能が大幅に向上する「Rabbit Scanner」

同製品は、3Dスキャナ付属ソフトの代わりに使用してスキャンするだけで、プロ用3Dハンディスキャナに近い結果を出力できるソフトウェアだ。

スキャンした撮像点群から格子(メッシュ)モデルを作成するメッシュモデリングの技術を応用して3Dモデルを作成する。東京大学の矢川名誉教授が考案したフリーメッシュ法に独自の技術を加え、ほぼエラーレスで3Dプリンタから出力できるようになったという。

「ポンタスキャナプログラム」の資金調達をCAMPFIREで実施したポンタ研究所と、CAEソフトウェア開発のテクノスターが共同で開発。テクノスターが販売とPRを手がけている。 

インテル製3DカメラReal SenseF200またはReal SenseSR300を内蔵した3Dハンディスキャナに対応。XYZprintingのハンドヘルド3DスキャナとIntel RealSense Developer Kitで動作確認済みだ。

出力ファイルのフォーマットはSTL(色付きには未対応)。撮像できる対象物の大きさは約30cmまでで、測定範囲は約60cmまでだ。暗い色、光を反射する素材、透明な素材、毛髪は撮像対象外となっている。

必要なPCスペックは、CPUが第4世代Core-i5 1.2Ghz以上、メモリは4GB以上、OSはWindows 8.1以降で、USB3.0ポートが必須だ。

ダウンロード販売の通常価格は1万円(税込)だが、Makuakeでは早期割引品として30%OFFの7000円(税込)コース、10本セットで50%OFFの5万円(税込)コースを用意。2017年3月中に発送する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  2. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  3. DMM.make AKIBA名物「FRISKおじさん」とヘッドホン・アンプを作ってきた
  4. Raspberry Piを活用しよう——マイナビ出版、「ここまで作れる!Raspberry Pi 実践サンプル集」発刊
  5. 腕につけるだけで充電不要——キネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」
  6. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  10. コニカミノルタ、大阪工大との共同開発技術を利用した体臭測定ソリューション「Kunkun body」の先行販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る