新しいものづくりがわかるメディア

RSS


10万円台の産業用ロボット——水平関節型小型ロボットアーム「Dobot M1」

デスクトップにも置ける小型ロボットアーム「Dobot M1」がKickstarterにてクラウドファンディング中だ。

photo

開発元は昨年11月に、Arduinoでコントロールするロボットアーム「Dobot」で、Kickstarterにてクラウドファンディングを実施、最終的に60万ドル(約6800万円)以上を集めることに成功し、話題となった。

photo

Dobot M1は垂直関節型を採用したDobotと異なり、より産業用ロボットとしての性能を高めるため、SCARA型と呼ばれる水平多関節ロボットとした。Dobotと比較すると、ペイロード1.5kg、位置精度0.02mm、アーム角速度200度/秒と、ホビーの域を超え、メイカー向けに小規模ロット生産にも耐えうるスペックとなっている。

photo

さらに、コンピュータビジョンを可能にするVisual kitが用意されており、画像認識システムと連動させることができる。画像認識用APIが提供されるので、OPENCVなどのライブラリから利用できるとのことだ。

photo

高機能化させる一方で、使いやすさも考慮されている。Dobot M1をグラフィカルに制御できるアプリケーションが用意されており、アームの動作をメニュー選択で指定したり、手でアームを動かしながら動作学習させることも可能だ。また、Wi-Fi/Bluetoothを経由し複数のDobot M1を同時に制御することもできる。

photo

先端部は換装可能で、基本ツールヘッドは、3Dプリンタ、第4軸モータ、レーザー刻印、グリップ、サクションカップ(吸盤)の5種、拡張キットとしてVisual Kit、ハンダ付け用ヘッドなどが用意されている。

以下の動画では3Dプリントやレーザー刻印、基板のソルダリングなどが紹介されている。3Dプリントする場合、Dobot M1の可動域である半径400×高さ250mm内で造形が可能だ。

3Dプリンティングヘッド
レーザー刻印ヘッド
はんだ付け用拡張キット

価格はDobot M1本体、基本ツールヘッド×2のセットで1599ドル(約18万3000円)。同セットに拡張キット×1を加えたプランは1799ドル(約20万6000円)などとなっている。

プロジェクトは2017年1月12日までクラウドファンディング中。目標額10万ドル(約1150万円)に対し、12月9日時点で倍以上となる24万ドル(約2750万円)以上を集めている。プロジェクトが順調に消化された場合、出荷は2017年5月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る