新しいものづくりがわかるメディア

RSS


10万円台の産業用ロボット——水平関節型小型ロボットアーム「Dobot M1」

デスクトップにも置ける小型ロボットアーム「Dobot M1」がKickstarterにてクラウドファンディング中だ。

photo

開発元は昨年11月に、Arduinoでコントロールするロボットアーム「Dobot」で、Kickstarterにてクラウドファンディングを実施、最終的に60万ドル(約6800万円)以上を集めることに成功し、話題となった。

photo

Dobot M1は垂直関節型を採用したDobotと異なり、より産業用ロボットとしての性能を高めるため、SCARA型と呼ばれる水平多関節ロボットとした。Dobotと比較すると、ペイロード1.5kg、位置精度0.02mm、アーム角速度200度/秒と、ホビーの域を超え、メイカー向けに小規模ロット生産にも耐えうるスペックとなっている。

photo

さらに、コンピュータビジョンを可能にするVisual kitが用意されており、画像認識システムと連動させることができる。画像認識用APIが提供されるので、OPENCVなどのライブラリから利用できるとのことだ。

photo

高機能化させる一方で、使いやすさも考慮されている。Dobot M1をグラフィカルに制御できるアプリケーションが用意されており、アームの動作をメニュー選択で指定したり、手でアームを動かしながら動作学習させることも可能だ。また、Wi-Fi/Bluetoothを経由し複数のDobot M1を同時に制御することもできる。

photo

先端部は換装可能で、基本ツールヘッドは、3Dプリンタ、第4軸モータ、レーザー刻印、グリップ、サクションカップ(吸盤)の5種、拡張キットとしてVisual Kit、ハンダ付け用ヘッドなどが用意されている。

以下の動画では3Dプリントやレーザー刻印、基板のソルダリングなどが紹介されている。3Dプリントする場合、Dobot M1の可動域である半径400×高さ250mm内で造形が可能だ。

3Dプリンティングヘッド
レーザー刻印ヘッド
はんだ付け用拡張キット

価格はDobot M1本体、基本ツールヘッド×2のセットで1599ドル(約18万3000円)。同セットに拡張キット×1を加えたプランは1799ドル(約20万6000円)などとなっている。

プロジェクトは2017年1月12日までクラウドファンディング中。目標額10万ドル(約1150万円)に対し、12月9日時点で倍以上となる24万ドル(約2750万円)以上を集めている。プロジェクトが順調に消化された場合、出荷は2017年5月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る