新しいものづくりがわかるメディア

RSS


癒し系キャラとの共同生活——バーチャルホームロボット「Gatebox」予約販売開始

ウィンクルは、ホログラムを使って2次元キャラクターとの共同生活を実現するバーチャルホームロボット「Gatebox」の予約販売を発表した。

photo

Gateboxは、筐体に装備したセンサとホログラムを映し出すプロジェクション技術を組み合わせることで、ボックス内のキャラクターとコミュニケーションできるロボットだ。

photo 情報通知
photo 赤外線による家電操作

Gateboxの中で「暮らす」キャラクターが、毎朝ユーザーを起こしたり、帰宅時に出迎えたりしてくれる。コンセプトモデルでは、インターネットから天気予報などの情報を入手して表示したり、赤外線(IR)インターフェースによりテレビや照明のコントロールをする機能を備えている。

photo

限定予約販売を開始するにあたり、初期コンテンツとしてオリジナルキャラクター「逢妻(アズマ)ヒカリ」を配信する。ときめきメモリアルやラブプラスのキャラクターデザインを手掛けた箕星太朗氏がデザインを担当し、初期コンテンツとして以下の機能を実装する:

  • アクティブ・コミュニケーション:ユーザーの動きや時間に合わせて、自律的に話しかける
  • トーク・コミュニケーション:音声を認識して、内容に合わせた返事をする
  • チャット・コミュニケーション:スマートフォンのチャットアプリを通じて、メッセージのやりとりができる
photo

GateboxがYouTube上で公開したコンセプトムービーは国内外で注目を集め、同社は約1年をかけて量産型モデルを開発した。一般販売に向けた第一歩として、今回限定予約販売を実施する。

予約販売の期間は12月14日~2017年1月31日まで。商品の発送は2017年12月以降になる予定だ。日本と米国を対象とし、販売台数は300台限定、価格は29万8000円(税別)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る