新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートフォンで調光可能なマルチカラーライトストリップ「Qube Light Strip」

スマートフォンで調光可能なマルチカラーライトストリップ「Qube Light Strip」がIndiegogoに登場し、人気を集めている。

photo

ライトストリップとは、電灯/LEDを細い棒状にしたインテリア照明器具のことだ。居間の間接照明など、さまざまな用途がある。

photo

Qube Light Stripは単体の長さが1mで、最長10mまで連結可能。スマートフォンとWi-Fiで接続すれば、専用アプリを使って輝度や色合いを調整できる。

photo

タイマーによる自動点灯/消灯なども可能。音楽に合わせて光らせることもできる。また、IFTTTに対応しているため、将来的には「Alexa」などに連動させることで、音声による点灯/消灯も可能になるという。

photo

Qube Light Stripは2017年1月下旬までクラウドファンディングを実施。1月6日時点では、目標額の2万ドル(約230万円)を大きく上回る約5万4000ドル(約630万円)を集めている。

販売価格は、ライトストラップ×1と電源アダプタをセットにした「Starter Kit」が24ドル(約2800円)。出荷は2017年3月の予定で、日本への送料は6ドル(約700円)だ。増設用ライトストラップ単体の価格は12ドル(約1400円)で、日本への送料は3ドル(約350円)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  5. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  6. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. 第8回 慶應SFC研究所 高大連携教育WG、奈良県立高で「つくりかたの未来講座」を開催——STEM手法で生徒の創造性を引き出すワークショップ
  9. 押しボタンの奥深い世界——押下の正確性を向上するシミュレーションを開発
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る