新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートフォンで調光可能なマルチカラーライトストリップ「Qube Light Strip」

スマートフォンで調光可能なマルチカラーライトストリップ「Qube Light Strip」がIndiegogoに登場し、人気を集めている。

photo

ライトストリップとは、電灯/LEDを細い棒状にしたインテリア照明器具のことだ。居間の間接照明など、さまざまな用途がある。

photo

Qube Light Stripは単体の長さが1mで、最長10mまで連結可能。スマートフォンとWi-Fiで接続すれば、専用アプリを使って輝度や色合いを調整できる。

photo

タイマーによる自動点灯/消灯なども可能。音楽に合わせて光らせることもできる。また、IFTTTに対応しているため、将来的には「Alexa」などに連動させることで、音声による点灯/消灯も可能になるという。

photo

Qube Light Stripは2017年1月下旬までクラウドファンディングを実施。1月6日時点では、目標額の2万ドル(約230万円)を大きく上回る約5万4000ドル(約630万円)を集めている。

販売価格は、ライトストラップ×1と電源アダプタをセットにした「Starter Kit」が24ドル(約2800円)。出荷は2017年3月の予定で、日本への送料は6ドル(約700円)だ。増設用ライトストラップ単体の価格は12ドル(約1400円)で、日本への送料は3ドル(約350円)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  6. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  7. ソフトロボットへの応用も——印刷技術による薄く柔軟なモーターを開発
  8. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  9. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る