新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートフォンで調光可能なマルチカラーライトストリップ「Qube Light Strip」

スマートフォンで調光可能なマルチカラーライトストリップ「Qube Light Strip」がIndiegogoに登場し、人気を集めている。

photo

ライトストリップとは、電灯/LEDを細い棒状にしたインテリア照明器具のことだ。居間の間接照明など、さまざまな用途がある。

photo

Qube Light Stripは単体の長さが1mで、最長10mまで連結可能。スマートフォンとWi-Fiで接続すれば、専用アプリを使って輝度や色合いを調整できる。

photo

タイマーによる自動点灯/消灯なども可能。音楽に合わせて光らせることもできる。また、IFTTTに対応しているため、将来的には「Alexa」などに連動させることで、音声による点灯/消灯も可能になるという。

photo

Qube Light Stripは2017年1月下旬までクラウドファンディングを実施。1月6日時点では、目標額の2万ドル(約230万円)を大きく上回る約5万4000ドル(約630万円)を集めている。

販売価格は、ライトストラップ×1と電源アダプタをセットにした「Starter Kit」が24ドル(約2800円)。出荷は2017年3月の予定で、日本への送料は6ドル(約700円)だ。増設用ライトストラップ単体の価格は12ドル(約1400円)で、日本への送料は3ドル(約350円)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  2. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  3. DMM.make AKIBA名物「FRISKおじさん」とヘッドホン・アンプを作ってきた
  4. Raspberry Piを活用しよう——マイナビ出版、「ここまで作れる!Raspberry Pi 実践サンプル集」発刊
  5. 腕につけるだけで充電不要——キネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」
  6. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  10. コニカミノルタ、大阪工大との共同開発技術を利用した体臭測定ソリューション「Kunkun body」の先行販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る