新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リコー、24時間連続で全天球動画をライブ配信できるカメラ「RICOH R Development Kit」を開発

リコーは、24時間連続で360度の全天球動画のライブストリーミングが可能となるカメラを開発した。用途開発向けの開発キット「RICOH R Development Kit」として2017年春に出荷開始する予定だ。

同製品は、2K解像度、30fps(フレーム毎秒)の全天球動画をライブストリーミングできる全天球カメラだ。2つの魚眼レンズ映像を、全天球映像の標準フォーマットであるEquirectangular Projection(正距円筒図法)Formatへカメラ内でリアルタイムに合成し、HDMIまたはUSBに出力できる。ACアダプターを使用することで、24時間の連続稼動が可能となっている。

本体寸法が46×118×16.6mmと薄型軽量ながら、マイクロSDカード(32GBまで)への映像記録も可能だ。USB経由で映像設定がコントロールでき、PC/Mac用の映像コントロールツールも用意している。

全天球動画のライブストリーミング技術は未完成な分野ながら、エンターテインメントのほか、別空間にあるものの操作などを仮想体験するテレイグジスタンス技術など、さまざまな分野での活用が期待されている。そのため同社では、同製品をまず用途開発向けの開発キットとして出荷する予定だ。また、映像コントロールツールのソースコードも公開する予定だという。

映像品質は1920×960、Equirectangular Projection、30fpsで、フルHD出力のため垂直解像度を1080にストレッチする。HDMI映像出力はフルHD、59.94i。USB映像出力の詳細は未定だ。映像出力端子としてマイクロHDMIタイプDとマイクロUSBを装備し、モノラルマイクも内蔵している。映像記録フォーマットはMP4だ。

同社は、1月5〜8日(現地時間)に米国ラスベガスで開催される「CES2017」に同製品のプロトタイプを出展。360度全方位動画を会場からライブ配信する。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  6. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  7. レーザー刻印機やCNC彫刻機に——1台3役の全金属製3Dプリンタ「Snapmaker」
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. 独SIEMENSの産業用IoTゲートウェイ、Arduinoストアでも販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る