新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Polaroidがアメリカとカナダの3Dプリンティング市場に参入、市場投入第一弾を発表

Polaroidは「CES 2017」で、「Polaroid PLN1」「Polaroid PLG1」「Polaroid PLG1Pro」という3種類の3Dプリンタに加え、「Polaroid DRW100」と「Polaroid DRW101」の2種類の3Dプリントペンを発表した。これらの新機種を携えて、アメリカとカナダの3Dプリンティング市場に参入するという。

Polaroid PLN1は、一般家庭や小規模オフィスに適した初心者向けのモデル。大きさは27×27×27cmで、最大造形サイズは12×12×12cm。色はピンク、黒、白の3種類が用意されている。

Polaroid PLG1は上級ユーザー向けのモデル。大きさは42×42×42cmで、最大造形サイズは22×22×22cm。色は黒の艶消しのみ。内蔵のカメラを利用し、プリントの進み具合を確認したり、SNSで画像を共有したりできる。なお、Polaroid PLG1ProはPLG1のデュアルヘッドモデルとなる。

3機種とも積層ピッチは0.1mmで、フィラメントは1.75mmのものが使える。また、子供の安全を守るセーフティロックが全機種に装備されている。iOSやAndroidのアプリケーションでコントロール可能だ。3機種の希望小売価格は、499ドル(約5万8000円)~799ドル(9万3000円)。販売は2017年7月から開始する見込みだ。

一方、「Polaroid DRW100」と「Polaroid DRW101」は両機種とも液晶ディスプレイ、ジャム防止機構、可変速度機能を備え、一般的なPLA/ABSフィラメントを使用できる。Polaroid DRW101はワイヤレス・モデルで、バッテリを内蔵。両機種とも色は白、黒、青、ピンク、黄色の5種類。希望小売価格は129ドル(約1万5000円)~149ドル(約1万7000円)で、2017年3月から入手可能となる。

なお、Polaroidは同じくCES 2017にて、欧州市場向け3Dプリントペン「Polaroid Play」も発表した。4つのフィラメントを付け、2017年2月から39.99ユーロ(約4900円)で販売開始する。同製品向けに別売りで、20色のフィラメントが入ったボックスも販売するという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  6. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  7. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  8. 119の“しかけ”をめくってプログラミングを学ぶ——「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」発刊へ
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る