新しいものづくりがわかるメディア

RSS


119の“しかけ”をめくってプログラミングを学ぶ——「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」発刊へ

ひさかたチャイルドは、小学生がコンピューターとプログラミングを学べる海外絵本「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」を2月下旬に発刊する。

近年「子どもに習わせたい」習い事としてプログラミングの人気が上昇しているという。本書は、小学校中学年からを対象とした、コンピューターとプログラミングを楽しく学習できる絵本だ。

本書では、子供の学習向けに開発されたプログラミング言語「スクラッチ」のウェブサイトを紙上に再現し、コンピューターに命令を出すプログラムの作り方を学習できる。また、119の「しかけ」をめくれば、コンピューターについてさまざまなことを学べる。

著者は、文がロージー・ディキンズ、絵がショー・ニールセン、訳は福本友美子、監修は阿部和広の各氏。サイズは29×23cm。定価は1944円(税込)だ。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. トレーニング内容を自動的に記録——筋トレ用ウェアラブルデバイス「Delta Gloves」
  3. “落し物の専門家”が作った世界最小クラスの紛失物追跡タグ——MAMORIO
  4. Raspberry Piで電子工作を高機能化——「PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック」発刊
  5. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  6. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  7. ミニサイズのIoT実験ボードを含む「BLE静電容量式センサIoT開発キット」を販売開始
  8. 【カインズホーム presents】新社会人へのプレゼントに“お母さん等身大ハンガー”を作ろう!
  9. 9000ドルで買える産業グレードFFF方式3Dプリンタ「STACKER S2」
  10. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る