新しいものづくりがわかるメディア

RSS


119の“しかけ”をめくってプログラミングを学ぶ——「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」発刊へ

ひさかたチャイルドは、小学生がコンピューターとプログラミングを学べる海外絵本「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」を2月下旬に発刊する。

近年「子どもに習わせたい」習い事としてプログラミングの人気が上昇しているという。本書は、小学校中学年からを対象とした、コンピューターとプログラミングを楽しく学習できる絵本だ。

本書では、子供の学習向けに開発されたプログラミング言語「スクラッチ」のウェブサイトを紙上に再現し、コンピューターに命令を出すプログラムの作り方を学習できる。また、119の「しかけ」をめくれば、コンピューターについてさまざまなことを学べる。

著者は、文がロージー・ディキンズ、絵がショー・ニールセン、訳は福本友美子、監修は阿部和広の各氏。サイズは29×23cm。定価は1944円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 配線不要のディスプレイ照明——模型用ワイヤレスLED「X-BASE」
  2. Wi-Fi対応Arduino互換マイコンを作ろう——CQ出版、「トランジスタ技術 2017年11月号」で「IoT Express」を特集
  3. デスクトップでロボット開発——Arduino互換ボードで動かすロボットDIYキット「NOVA」
  4. 加工エリアは最大3m×2.5m——自走式ルーターロボットCNC「Goliath CNC」
  5. レーザー刻印、CNC彫刻、マルチカラープリントも対応——工業グレードの金属製3Dプリンター「Mooz」
  6. 不在時の荷物受け取りに便利——オランダ発スマート宅配ボックス「LockBox」
  7. 機械語プログラミングを学習できる——教育用4ビットマイコンボード「ORANGE-4」
  8. LEDテープとハーフミラーで作る合わせ鏡——「Desktop Infinity Mirror」
  9. FPGAビギナーに最適——Altera MAX10搭載FPGAボード「MaxProLogic」
  10. 武藤工業、造形後に変形できる3Dプリンター用フィラメント発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る