新しいものづくりがわかるメディア

RSS


119の“しかけ”をめくってプログラミングを学ぶ——「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」発刊へ

ひさかたチャイルドは、小学生がコンピューターとプログラミングを学べる海外絵本「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」を2月下旬に発刊する。

近年「子どもに習わせたい」習い事としてプログラミングの人気が上昇しているという。本書は、小学校中学年からを対象とした、コンピューターとプログラミングを楽しく学習できる絵本だ。

本書では、子供の学習向けに開発されたプログラミング言語「スクラッチ」のウェブサイトを紙上に再現し、コンピューターに命令を出すプログラムの作り方を学習できる。また、119の「しかけ」をめくれば、コンピューターについてさまざまなことを学べる。

著者は、文がロージー・ディキンズ、絵がショー・ニールセン、訳は福本友美子、監修は阿部和広の各氏。サイズは29×23cm。定価は1944円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  6. 通常のハイスペック3Dプリンタの4倍速で出力できるという光造形3Dプリンタ「B9 Core」
  7. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  8. 筋電義手からVRに進出したexiii——これまでに得たものと、これからのこと
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る