新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry piをタイマでON/OFFできる「RPi1114-Raspberry Pi電源制御モジュール」

スイッチサイエンスは、Raspberry Piの電源をコントロールできる「RPi1114-Raspberry Pi電源制御モジュール」を発売した。

RPi1114-Raspberry Pi電源制御モジュールは、Raspberry Piの40ピンGPIOピンヘッダ接続して使うモジュールで、Cortex-M0マイコンLPC1114を搭載し、Raspberry piの起動/停止のシーケンスなどがプログラミングできる拡張ボードだ。

基板上のジャンパにより、基板に接続したACアダプタからRaspberry Piへ5V電源を供給するモード(to RPi)と、Raspberry PiのマイクロUSBから3.3 Vの供給を受けるモード(from RPi)とを切り替えることができる。

to RPiモードでは、Raspberry Piへの電源供給をコントロールすることができる。基板上のLPCマイコンにはデフォルトでプログラムが書き込まれており、Raspberry PiからI2C経由でコマンドを送ることで、以下のような機能が実行できる:

  • 指定時間経過後に電源OFF
  • 指定時間経過後に電源ON
  • ボード上のLEDの点灯制御
  • LPC1114の10 bit ADC、PWM、GPIOとのインターフェース
  • ADCからの定期的なデータ収集

この書き込み済みプログラムは、オープンソースとしてmbedとGithubで公開されており、例えばブラウザベースの開発環境mbed IDEを利用してプログラムを変更したり書き起こしたりできる。

RPi1114-Raspberry Pi電源制御モジュールの価格は3780円(税込、送料別)。利用にあたっては、Raspberry Pi 2/3と5V出力のACアダプタを用意する必要があるが、モジュールの消費電流17mA(LED点灯時、消灯時で15mA)を考慮して選択することになる。なお、詳細な技術仕様や問合せは倉橋屋の製品サポートページを参照とのことだ。


※記事初出時、文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC
  2. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  3. 発電量を2倍に——逆回転デュアルタービンホイールを利用した波力発電システム
  4. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  5. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  6. メカトラックス、Raspberry Pi防塵防水IoTゲートウェイ「Pi-protect」を発売
  7. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  8. 8K解像度の光造形方式3Dプリンター「Sonic Mini 8K」
  9. なななっ!! なんと、イカに骨!? 3Dプリントによる架空の骨格標本、Twitterで話題に
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る