新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロボットの組み込み制御技術を競う「ETロボコン2017」大会概要発表

ETロボコン実行委員会は、ロボットの組み込み制御技術を競う「ETロボコン2017」の大会概要を発表した。

photo ETロボコン2016表彰式

ETロボコンは、今年16年目を迎えるソフトウェア技術を競うロボコンだ。2016年の参加者は2000人、322チームが競った。参加者の内訳は、企業に属する人が48%と多いものの、学生も44%を占めている。

photo

育成対象は2部門3クラスで、前年同様「デベロッパー部門」ではLEGO MINDSTORMSで制御する既定の走行体を指定コースで走らせ、走行の速さや正確性などを競う。デベロッパー部門には、モデリング開発初心者向けの「プライマリー・クラス」とモデリング開発応用編の「アドバンスト・クラス」がある。そして今年は、5~15年後に活躍するエンジニアの育成の場として「ガレッジニア部門」を新設した。

photo

デベロッパー部門が、LEGO MINDSTORMSのロボットという同一規格の走行体を使い、UMLなどを使ったモデリングの「モデル審査」と、設計モデルから実装されたロボットを走らせる「競技」で総合評価するのに対し、ガレッジニア部門では、センサ/アクチュエータを各1個以上使い、ソフトウェアで制御するという、アイデアを「つくって動かす」スキルを評価する。こちらは動画審査とデモによる会場発表をあわせて総合評価する。

全国12カ所で地区大会を開始し、11月にチャンピオンシップ大会を実施する予定だ。2017年も昨年同様、300以上のチーム参加を見込む。参加資格は高校生以上。エンジニアや大学生、高専生、専門学生などを対象とする。なお、参加費はカテゴリなどにより異なり、例えば高校生がデベロッパー部門に参加する場合は2万1600円(税込)となる。

受付期間は3月1日~4月6日17時まで。参加費の支払期日は5月31日だ。

ETロボコン2015

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 東大など、3次元空中ディスプレイに応用可能な空中浮遊/移動するLED光源を開発
  2. 卓上でフルカラー3Dプリントができる!! 「ダヴィンチColor」実機レビュー
  3. 月面探査に挑む「HAKUTO」、ロケット打ち上げ困難を受け、引き続きの挑戦を表明
  4. ASUS、CES 2018にてシングルボードコンピューター「Tinker Board S」発表
  5. Arduinoを喋らせよう——小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」
  6. 最大400×400×140mmの発泡スチロールを切り出し加工——フォームカッター「CNC HotWire-Cutter」
  7. smartDIYs、80WのハイパワーCO2レーザー加工機「FABOOL Laser DS」の最新モデルを発表
  8. 自宅で手軽に金属めっき——デスクトップ電気めっき加工機「Orbit 1」
  9. Arduino Pro Miniの書き込みに最適——デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」
  10. 体の動きに合わせてまつげが光る——LEDつけまつげ「f.lashes」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る