新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Androidアプリからセンサの値を取得可能に——Android端末に直刺しできる開発ボード「Waffle」

IoTに興味はあるけど、何から始めたら良いか分からない——。そんなAndroidアプリエンジニアのために、Android端末に直刺しできる開発ボード「Waffle」が開発された。同製品を利用すれば、Androidアプリエンジニアとしての手持ちの知識で、センサデータへのアクセスが可能になる。

Waffleは、Androidアプリ開発の要領でIoTに取り組むための開発ボードだ。同製品のMicro-USB端子をAndroid端末に差し込めば、Androidアプリ側からセンサの値を取得できるようになる。センサから取得した情報はアプリ上で加工することも可能だ。

Waffleのもう1つの利点は、既存のスマートフォンにはないセンサを追加できることだ。スマートフォンは加速度センサと照度センサくらいしか搭載していない。だが、WaffleはGroveセンサに対応しているので、アルコールセンサ、温湿度センサ、水分センサ、CO2センサ、ほこりセンサ、心拍センサなどを追加できる。

詳細を補足すると、WaffleはArduino互換のため、Arduino IDEでの開発に対応。また、Micro-USB端子は現行のAndroid端末の大半に対応している。Android端末との接続については、Type-Cへの対応も検討中だ。

Waffleは、3月17日までkibidangoにてクラウドファンディングを実施。2月27日時点では、目標額の10万円に対して、1万5000円を集めている。Kibidangoでは特別割引として、Waffleが3500円(送料・税込)で購入できるプランなどを提供している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る