新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Androidアプリからセンサの値を取得可能に——Android端末に直刺しできる開発ボード「Waffle」

IoTに興味はあるけど、何から始めたら良いか分からない——。そんなAndroidアプリエンジニアのために、Android端末に直刺しできる開発ボード「Waffle」が開発された。同製品を利用すれば、Androidアプリエンジニアとしての手持ちの知識で、センサデータへのアクセスが可能になる。

Waffleは、Androidアプリ開発の要領でIoTに取り組むための開発ボードだ。同製品のMicro-USB端子をAndroid端末に差し込めば、Androidアプリ側からセンサの値を取得できるようになる。センサから取得した情報はアプリ上で加工することも可能だ。

Waffleのもう1つの利点は、既存のスマートフォンにはないセンサを追加できることだ。スマートフォンは加速度センサと照度センサくらいしか搭載していない。だが、WaffleはGroveセンサに対応しているので、アルコールセンサ、温湿度センサ、水分センサ、CO2センサ、ほこりセンサ、心拍センサなどを追加できる。

詳細を補足すると、WaffleはArduino互換のため、Arduino IDEでの開発に対応。また、Micro-USB端子は現行のAndroid端末の大半に対応している。Android端末との接続については、Type-Cへの対応も検討中だ。

Waffleは、3月17日までkibidangoにてクラウドファンディングを実施。2月27日時点では、目標額の10万円に対して、1万5000円を集めている。Kibidangoでは特別割引として、Waffleが3500円(送料・税込)で購入できるプランなどを提供している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る