新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Androidアプリからセンサの値を取得可能に——Android端末に直刺しできる開発ボード「Waffle」

IoTに興味はあるけど、何から始めたら良いか分からない——。そんなAndroidアプリエンジニアのために、Android端末に直刺しできる開発ボード「Waffle」が開発された。同製品を利用すれば、Androidアプリエンジニアとしての手持ちの知識で、センサデータへのアクセスが可能になる。

Waffleは、Androidアプリ開発の要領でIoTに取り組むための開発ボードだ。同製品のMicro-USB端子をAndroid端末に差し込めば、Androidアプリ側からセンサの値を取得できるようになる。センサから取得した情報はアプリ上で加工することも可能だ。

Waffleのもう1つの利点は、既存のスマートフォンにはないセンサを追加できることだ。スマートフォンは加速度センサと照度センサくらいしか搭載していない。だが、WaffleはGroveセンサに対応しているので、アルコールセンサ、温湿度センサ、水分センサ、CO2センサ、ほこりセンサ、心拍センサなどを追加できる。

詳細を補足すると、WaffleはArduino互換のため、Arduino IDEでの開発に対応。また、Micro-USB端子は現行のAndroid端末の大半に対応している。Android端末との接続については、Type-Cへの対応も検討中だ。

Waffleは、3月17日までkibidangoにてクラウドファンディングを実施。2月27日時点では、目標額の10万円に対して、1万5000円を集めている。Kibidangoでは特別割引として、Waffleが3500円(送料・税込)で購入できるプランなどを提供している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る