新しいものづくりがわかるメディア

RSS


どこからでも玄関先をモニタリングできる——スマートドアベル「dbell live」

どこからでも玄関先をモニタリングし、訪問者とスマートフォン/タブレット/PCで会話できるスマートドアベル「dbell live」がindiegogoで出資を募っている。

photo

dbell liveは、160度の広角レンズカメラを搭載し、設置した玄関前のライブHD映像(720p)をスマートフォンなどへ送信するスマートドアベルだ。玄関先をモニタリングしたり、訪問者とビデオ通話したりできる。

photo

また、オーディオ/モーションセンサを搭載しており、訪問者がドアベルを鳴らさなくても音や動きを検知して30秒の動画を録画し、スマートフォンのビジターズログに日時とともに保存できる。外出先のユーザーには、イメージを添付したEメールで通知することも可能だ。

photo

iOS/Androidと、WindowsのIE/Firefox/Chromeブラウザに対応する。本体サイズは50×127×30.8mmで、カラーはシルバー/ブラックがある。設置は8~24ACVで駆動されている既存のドアベルと交換するか、Wi-Fiアクセスポイントにもなる専用の「Wireless Premium InDoorbell」とセットで使用する。カメラの視界を改善するため30度の傾斜をつけられるウェッジキットが付属する。

photo

dbell liveは3月下旬までクラウドファンディングを実施。2月28日時点で、目標額の1万ドル(約112万円)を大幅に上回る約4万3000ドル(約485万円)以上を集めている。

photo Wireless Premium InDoorbell

dbell live本体とウェッジキット、Wireless Premium InDoorbellのセットが、今なら販売予定価格より56%オフの早期割引適用分が129ドル(約1万4500円)で入手できる。出荷は2017年5月の予定で、送料は29ドル(約3270円)で日本への出荷に対応する。

実際のLive映像(カナダ、トロント)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  2. 1個のセンサーでスマートハウスを実現——IoT向け統合センサーデバイス「Synthetic Sensors」
  3. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  6. 電源強化しRaspberry Pi 3に対応——電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi 2」
  7. 千葉大、世界初となる光でほどける「らせん状人工ナノ線維」の開発に成功
  8. kickstarter、日本発のプロジェクト立ち上げへの対応を発表
  9. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  10. レーザー加工機を完全室内運用できる——小型集塵脱臭機「MIRUKU」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る