新しいものづくりがわかるメディア

RSS


どこからでも玄関先をモニタリングできる——スマートドアベル「dbell live」

どこからでも玄関先をモニタリングし、訪問者とスマートフォン/タブレット/PCで会話できるスマートドアベル「dbell live」がindiegogoで出資を募っている。

photo

dbell liveは、160度の広角レンズカメラを搭載し、設置した玄関前のライブHD映像(720p)をスマートフォンなどへ送信するスマートドアベルだ。玄関先をモニタリングしたり、訪問者とビデオ通話したりできる。

photo

また、オーディオ/モーションセンサを搭載しており、訪問者がドアベルを鳴らさなくても音や動きを検知して30秒の動画を録画し、スマートフォンのビジターズログに日時とともに保存できる。外出先のユーザーには、イメージを添付したEメールで通知することも可能だ。

photo

iOS/Androidと、WindowsのIE/Firefox/Chromeブラウザに対応する。本体サイズは50×127×30.8mmで、カラーはシルバー/ブラックがある。設置は8~24ACVで駆動されている既存のドアベルと交換するか、Wi-Fiアクセスポイントにもなる専用の「Wireless Premium InDoorbell」とセットで使用する。カメラの視界を改善するため30度の傾斜をつけられるウェッジキットが付属する。

photo

dbell liveは3月下旬までクラウドファンディングを実施。2月28日時点で、目標額の1万ドル(約112万円)を大幅に上回る約4万3000ドル(約485万円)以上を集めている。

photo Wireless Premium InDoorbell

dbell live本体とウェッジキット、Wireless Premium InDoorbellのセットが、今なら販売予定価格より56%オフの早期割引適用分が129ドル(約1万4500円)で入手できる。出荷は2017年5月の予定で、送料は29ドル(約3270円)で日本への出荷に対応する。

実際のLive映像(カナダ、トロント)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを搭載しRTK-GPS測位で正確に芝刈りできる自動ロボット芝刈り機「OpenMower」
  2. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  3. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  4. Pi Zeroがクアッドコアに進化——「Raspberry Pi Zero 2 W」発売
  5. オープンソースの3Dプリント技術を守ろう——特許出願の再審査を求めるためクラウドファンディングを開始
  6. 日本3Dプリンター、0.02mm精度の3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. CQ出版、GPUプログラミング入門を特集した「Interface 2022年8月号」を発売
  9. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る
  10. プログラミング初心者でもOK! Arduinoで多機能DJミキサーを1万円で自作する

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る