新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか10ドルのLinuxマシン——Wi-Fi/BLEを実装した「Raspberry Pi Zero W」

Raspberry Pi財団は、Raspberry Pi発売5周年となる2月28日付の公式ブログで、「Raspberry Pi Zero」にWi-Fi/BLEをオンボード実装した「Raspberry Pi Zero W」を発表した。価格は10ドル(約1120円)だ。

Raspberry Pi Zeroは、2015年11月の発売以降(国内は2017年2月)、上位機種同等の機能をわずか5ドルの小型基板に詰め込んだ手軽さで人気を呼んでいる。

ただし、IoT用途などで無線通信機能を利用するためには、Pi Zero本体よりも高価なUSBドングルなどの追加が必要となる。この課題を解決するためPi Zeroの実装を見直し、ロゴマークの部分に無線コントローラを追加したのがRaspberry Pi Zero Wだ。

Wi-Fi/BLEコントローラには、上位モデルであるRaspberry Pi 3 Model Bと同じCypress CYW43438を使用し、シリーズとしての互換性を意識したものとなっている。無線以外のスペックはRaspberry Pi Zeroと同等だ。

photo

同ブログでは、Raspberry Pi Zero/W用の公式ケースも発表した。ケースの蓋は開口部なし、GPIO接続用の開口部あり、カメラ用開口部ありの3タイプが用意されている。Raspberry Pi Zero/Wは、GPIOピンヘッダは未実装、カメラコネクタは専用品を使い小型化しているため、拡張する場合は確認が必要だ。

また、Raspberry Pi Zero Wの発表を受け、ケイエスワイスイッチサイエンスが国内発売を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る