新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか10ドルのLinuxマシン——Wi-Fi/BLEを実装した「Raspberry Pi Zero W」

Raspberry Pi財団は、Raspberry Pi発売5周年となる2月28日付の公式ブログで、「Raspberry Pi Zero」にWi-Fi/BLEをオンボード実装した「Raspberry Pi Zero W」を発表した。価格は10ドル(約1120円)だ。

Raspberry Pi Zeroは、2015年11月の発売以降(国内は2017年2月)、上位機種同等の機能をわずか5ドルの小型基板に詰め込んだ手軽さで人気を呼んでいる。

ただし、IoT用途などで無線通信機能を利用するためには、Pi Zero本体よりも高価なUSBドングルなどの追加が必要となる。この課題を解決するためPi Zeroの実装を見直し、ロゴマークの部分に無線コントローラを追加したのがRaspberry Pi Zero Wだ。

Wi-Fi/BLEコントローラには、上位モデルであるRaspberry Pi 3 Model Bと同じCypress CYW43438を使用し、シリーズとしての互換性を意識したものとなっている。無線以外のスペックはRaspberry Pi Zeroと同等だ。

photo

同ブログでは、Raspberry Pi Zero/W用の公式ケースも発表した。ケースの蓋は開口部なし、GPIO接続用の開口部あり、カメラ用開口部ありの3タイプが用意されている。Raspberry Pi Zero/Wは、GPIOピンヘッダは未実装、カメラコネクタは専用品を使い小型化しているため、拡張する場合は確認が必要だ。

また、Raspberry Pi Zero Wの発表を受け、ケイエスワイスイッチサイエンスが国内発売を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る