新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大学や高専でのPBL教育に——「ArduinoとProcessingではじめるプロトタイピング入門」発刊

講談社は、「ArduinoとProcessingではじめるプロトタイピング入門」を2017年3月17日に発刊する。

本書ではArduinoを題材に、Arduinoの統合開発環境のベースであるProcessingを使ったプロトタイピングの入門書だ。初心者向けにArduinoによるプロトタイピングからプレゼンまで、ものづくり全般を解説する内容となっている。

全5章構成で、1章ではエンジニアの役割や工学部で勉強の意義などから始まり、大学や高専でのPBL(Project-Based Learning:課題解決型学習)教育を意識して書かれている。

2章~4章ではArduinoとProcessingの使い方や「逃げる目覚まし時計」などの具体的な制作例を紹介し、5章では、ものづくりやmakerムーブメントにも触れる内容となっている。

著者は青木直史氏。A5判全160ページ、定価2300円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どこでもレーザー刻印できる——コンパクトカメラサイズのレーザー加工機「Cubiio」
  2. 電子工作マニア向け——プリント基板のパターンが印刷された定規「Zero Ruler V2」
  3. 子供が作っておウチで役立つIoT——実践型電子工作教材「PRO-CUBE」
  4. 全員FW!サッカー盤と電動ドリルを合体させてみた
  5. Autodesk、Fusion 360の大型アップデートを実施——シートメタル機能などを追加
  6. エアコンの稼働状況を可視化——家電をIoT化するデバイス「eRemote pro」
  7. 3脚車輪走行で素早い動き——デスクトップコンバットロボット「Archer」
  8. オーム社、電子工作の入門書「実践Arduino! 電子工作でアイデアを形にしよう」発刊
  9. SLAMナビゲーションも可能——ロボット製作キット「CrazyPi」
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る