新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大学や高専でのPBL教育に——「ArduinoとProcessingではじめるプロトタイピング入門」発刊

講談社は、「ArduinoとProcessingではじめるプロトタイピング入門」を2017年3月17日に発刊する。

本書ではArduinoを題材に、Arduinoの統合開発環境のベースであるProcessingを使ったプロトタイピングの入門書だ。初心者向けにArduinoによるプロトタイピングからプレゼンまで、ものづくり全般を解説する内容となっている。

全5章構成で、1章ではエンジニアの役割や工学部で勉強の意義などから始まり、大学や高専でのPBL(Project-Based Learning:課題解決型学習)教育を意識して書かれている。

2章~4章ではArduinoとProcessingの使い方や「逃げる目覚まし時計」などの具体的な制作例を紹介し、5章では、ものづくりやmakerムーブメントにも触れる内容となっている。

著者は青木直史氏。A5判全160ページ、定価2300円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 液晶付きマイコン「M5Stack」 と Google Home で、子どもとメッセージがやりとりできるシステムを作ってみた
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  4. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  5. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  6. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」
  7. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  8. 8ツールタレットでスピーディーに加工——5軸ミルターンセンター「SwissMak」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. 二足歩行ロボットを作ろう——オーム社、「ROBO-ONEにチャレンジ! 二足歩行ロボット自作ガイド」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る