新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大学や高専でのPBL教育に——「ArduinoとProcessingではじめるプロトタイピング入門」発刊

講談社は、「ArduinoとProcessingではじめるプロトタイピング入門」を2017年3月17日に発刊する。

本書ではArduinoを題材に、Arduinoの統合開発環境のベースであるProcessingを使ったプロトタイピングの入門書だ。初心者向けにArduinoによるプロトタイピングからプレゼンまで、ものづくり全般を解説する内容となっている。

全5章構成で、1章ではエンジニアの役割や工学部で勉強の意義などから始まり、大学や高専でのPBL(Project-Based Learning:課題解決型学習)教育を意識して書かれている。

2章~4章ではArduinoとProcessingの使い方や「逃げる目覚まし時計」などの具体的な制作例を紹介し、5章では、ものづくりやmakerムーブメントにも触れる内容となっている。

著者は青木直史氏。A5判全160ページ、定価2300円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  2. 3Dプリンター/レーザー彫刻/CNC彫刻に対応可能な複合機「DOBOT Mooz」一般販売開始
  3. 3Dプリンターと光るフィラメントを使って暗闇合コンしてみた
  4. JavaScriptでプログラミングできる超小型IoTコントローラー「neonious one」
  5. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  6. 青色レーザーで高精細スキャニング——デスクトップ3Dスキャナーキット「WildCats 3D」
  7. レーザーエネルギー伝送で飛行する昆虫型ロボット「RoboFly」
  8. 乾電池だけでBLEビーコン——乾電池型IoTデバイス「MaBeee ビーコンモデル」
  9. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  10. Wi-Fi/Bluetooth通信モジュールや関連部品を同梱——CQ出版、オールインIoT学習ワークベンチ「PICoT」全部入り版を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る