新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大学や高専でのPBL教育に——「ArduinoとProcessingではじめるプロトタイピング入門」発刊

講談社は、「ArduinoとProcessingではじめるプロトタイピング入門」を2017年3月17日に発刊する。

本書ではArduinoを題材に、Arduinoの統合開発環境のベースであるProcessingを使ったプロトタイピングの入門書だ。初心者向けにArduinoによるプロトタイピングからプレゼンまで、ものづくり全般を解説する内容となっている。

全5章構成で、1章ではエンジニアの役割や工学部で勉強の意義などから始まり、大学や高専でのPBL(Project-Based Learning:課題解決型学習)教育を意識して書かれている。

2章~4章ではArduinoとProcessingの使い方や「逃げる目覚まし時計」などの具体的な制作例を紹介し、5章では、ものづくりやmakerムーブメントにも触れる内容となっている。

著者は青木直史氏。A5判全160ページ、定価2300円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3D CADを活用したものづくりの核心に迫る——「Fusion 360 Masters」発刊
  2. 回路の製作や実験に役立つ——「基本電子部品大事典」発刊
  3. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  4. グラデ出力がきれい! 色表現豊かな3Dプリンター「ダヴィンチJr. 2.0 Mix」
  5. レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」
  6. 社会に求められるファブ施設とは——ものづくりから始まるコミュニティの在り方
  7. テクノロジー好き必見!AI・IoTなど注目の先端技術を無料でリッチに学べる体験型展示——TEPIA 先端技術館
  8. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る