新しいものづくりがわかるメディア

RSS


80WのハイパワーCO2レーザー加工機「FABOOL Laser DS」、限定台数で予約販売開始

デジタル工作機械のsmartDIYsは、組み立て式レーザー加工機「FABOOL Laser DS」を発売した。

photo FABOOL Laser DS(作業台、レーザー管冷却キット、排気ファンキット、消炎キットなどは別売)

FABOOL Laser DSは、2016年12月に発売したFABOOL Laser CO2のレーザー出力を40Wから80Wに高めたハイパワー版だ。切断可能な板厚は、透明アクリルで15mm、MDFで12mmとしている。また、加工エリアもFABOOL Laser CO2の600×440mmから1050×630mmに拡大し、看板やDIYの本格家具、大型作品の製作まで対応する。

FABOOL Laser CO2同様、ベクタ加工とラスタ加工に対応し、対応OSはWindows7以降、Mac OS X、Linux、Raspberry Piだ。切断可能な素材は、木材やアクリルを始め、革、紙、布など。本体サイズは1400×1050×320mmで、位置決めキットと保護メガネが付属する。なお、設置のためには構造上、上面がオープンな作業台が必要となる。

photo

専用作業台やレーザー管冷却キット(3万7584円)、排気ファンキット(2万1384円)、消炎キット(1万1664円)は別売りで、本体価格には含まれていない。

価格は53万7840円(価格はいずれも税込)で、同社サイトにて3月31日15:00まで数量限定で予約を受け付けている。

photo
動画はFABOOL Laser CO2

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  6. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  7. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. Raspberry PiやArduinoでGroveセンサが使える——Groveセンサキット「800-RPSET1_2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る