新しいものづくりがわかるメディア

RSS


80WのハイパワーCO2レーザー加工機「FABOOL Laser DS」、限定台数で予約販売開始

デジタル工作機械のsmartDIYsは、組み立て式レーザー加工機「FABOOL Laser DS」を発売した。

photo FABOOL Laser DS(作業台、レーザー管冷却キット、排気ファンキット、消炎キットなどは別売)

FABOOL Laser DSは、2016年12月に発売したFABOOL Laser CO2のレーザー出力を40Wから80Wに高めたハイパワー版だ。切断可能な板厚は、透明アクリルで15mm、MDFで12mmとしている。また、加工エリアもFABOOL Laser CO2の600×440mmから1050×630mmに拡大し、看板やDIYの本格家具、大型作品の製作まで対応する。

FABOOL Laser CO2同様、ベクタ加工とラスタ加工に対応し、対応OSはWindows7以降、Mac OS X、Linux、Raspberry Piだ。切断可能な素材は、木材やアクリルを始め、革、紙、布など。本体サイズは1400×1050×320mmで、位置決めキットと保護メガネが付属する。なお、設置のためには構造上、上面がオープンな作業台が必要となる。

photo

専用作業台やレーザー管冷却キット(3万7584円)、排気ファンキット(2万1384円)、消炎キット(1万1664円)は別売りで、本体価格には含まれていない。

価格は53万7840円(価格はいずれも税込)で、同社サイトにて3月31日15:00まで数量限定で予約を受け付けている。

photo
動画はFABOOL Laser CO2

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る