新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STM32F722 Nucleo-144ボード、STM32F723 Discovery Kit、超低消費電力マイコンSTM32L4シリーズの新製品

STマイクロエレクトロニクスは、32bitマイクロコントローラSTM32F722/723を使用したシステム向けに、内蔵USB-HS(High-Speed) PHYを持つSTM32F723のDiscovery Kitと、STM32F722対応のSTM32 Nucleo-144ボードを発表した。さらにARM Cortex-M4Fプロセッサと独自の超低消費電力技術を搭載した32bitマイクロコントローラ「STM32L496」「STM32L4A6」も2017年4月から販売代理店経由で提供していくことを明らかにした。

STM32F723向けDiscovery Kitは、MEMSマイクロフォン、MEMSセンサ、オーディオ・コーデック、ユーザー・インタフェース用ディスプレイなどの機能を搭載。Arduino Unoピン・ヘッダ、DigilentのPmod コネクタも備えている。STMod+コネクタが新たに追加され、追加のファンアウト・ボードを通じてWi-Fiモジュール、SeedStudio Groveモジュール、MikroElektronika click boardsや試作開発向けブレッドボードにも接続できる。

同Discovery Kitはさらに、STM32F723IEK6マイコンの内蔵USB-HS(High-Speed)PHYを利用するためのHigh-Speed USBコネクタと、USB-FS(Full-Speed)コネクタ、液晶タッチスクリーン(240×240ピクセル)を搭載。WAVオーディオ・プレーヤー、ビデオ・プレーヤー、ボイス・レコーダーなどのデモも実装している。

また、STM32 Nucleo-144ボードは、512 KB Flashメモリ内蔵の144ピンSTM32F722ZET6マイコンを搭載。Arduino Uno V3との接続をサポートするST Zioコネクタや、ST morpho拡張ピン・ヘッダを備えている。

価格はSTM32F723向けDiscovery Kitが39ドル(約4500円)、STM32 Nucleo-144ボードが19ドル(約2200円)。両ボードとも販売代理店か同社Webサイトから入手可能だ。 

STM32L4シリーズの新製品STM32L496とSTM32L4A6は、最大320KBの内蔵RAMを備えたIoT機器やスマート・ウォッチなどの低消費電力が求められる機器向けの製品。同社のChrom-ARTグラフィックHWアクセラレータ「Chrom-ART Accelerator」によってディスプレイ表示をスムーズにしている。その他、最大1MBのFlashメモリ、CANインタフェース、カメラ・インタフェース、水晶発振子無しで動作するFull Speed(FS)USB On-The-Go(OTG)を搭載している。

処理能力を示すEEMBCCoreMarkスコアは273。低消費電力性能のベンチマークであるULPBenchスコアは217。EEMBCCoreMarkスコアは他の超低消費電力プロセッサを大きく上回り、ULPBenchスコアから電力効率にも優れていると言えるという。アクティブモード時の消費電流はわずか37μA/MHzだ。

STM32L496RET6(LQFP64パッケージ、Flashメモリ:512KB、SRAM:320KB)の参考サンプル価格は約4.63ドル(約530円)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る