新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、クラウド対応Wi-Fiモジュール「SPWF04」を発表

STマイクロエレクトロニクスは、IoT/M2M機器の開発加速のために各種ネットワーク機能を強化したクラウド対応Wi-Fiモジュール「SPWF04」を発表した。

SPWF04は、ARM Cortex-M4をベースにした32ビットマイクロコントローラ(STM32F439)を搭載しており、スタンドアロンモードと、データをWi-Fiで転送するSerial to Wi-Fi(S2W)モードで動作する。様々な機能に対応するGPIOに加え、プログラミングコード/データの保存に使えるFlashメモリ(2MB)とRAM(256KB)を内蔵している。

Pythonをマイクロコントローラ向けに最適化したMicro Pythonを搭載。スタンドアロンモードでは、Micro Pythonスクリプトエンジンがモジュール上で直接動作するため、カスタムアプリが効率的に開発できるようになる。

ホストとの通信高速化のためにSPIポートを搭載しており、従来のWi-Fiモジュールと互換性のあるUARTを経由してのATコマンドに加え、SPIを経由して独自プロトコルでの高速通信も可能だ。

無線LANは802.11 b/g/nをサポート、セキュリティプロトコルはWEP、WPA2パーソナルに加え、IEEE802.1X認証を用いたWPA2エンタープライズに対応する。組み込み機器向けにWPS(Wireless Protected Setup)も利用できる。強力な暗号化プロトコルを実装したことで、Secured OTA経由でのソフトウェア/ファームウェア更新、Flashファイルシステムのセキュアなアップデートが可能になった。

また、TCP/IPプロトコルスタックはHTTP/HTTPS/MQTT/SMTP/WebSocketを搭載し、モバイル端末やクラウド向けの実装を容易にしている。

SPWF04シリーズには、ISMバンドアンテナを内蔵したSPWF04SAと、外部アンテナ取り付け用コネクタ(U.FLコネクタ)を内蔵したSPWF04SCの2種類をラインアップ。どちらも寸法は26.92×15.24×2.35mmで、消費電力はスタンバイモードで40μA、アイドル通信モードで5mAとなる。なお、FCC、CE、ICなどの認証取得済みで、RoHS準拠部品だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3D CADを活用したものづくりの核心に迫る——「Fusion 360 Masters」発刊
  2. 回路の製作や実験に役立つ——「基本電子部品大事典」発刊
  3. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  4. グラデ出力がきれい! 色表現豊かな3Dプリンター「ダヴィンチJr. 2.0 Mix」
  5. レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」
  6. 社会に求められるファブ施設とは——ものづくりから始まるコミュニティの在り方
  7. テクノロジー好き必見!AI・IoTなど注目の先端技術を無料でリッチに学べる体験型展示——TEPIA 先端技術館
  8. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る