新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、クラウド対応Wi-Fiモジュール「SPWF04」を発表

STマイクロエレクトロニクスは、IoT/M2M機器の開発加速のために各種ネットワーク機能を強化したクラウド対応Wi-Fiモジュール「SPWF04」を発表した。

SPWF04は、ARM Cortex-M4をベースにした32ビットマイクロコントローラ(STM32F439)を搭載しており、スタンドアロンモードと、データをWi-Fiで転送するSerial to Wi-Fi(S2W)モードで動作する。様々な機能に対応するGPIOに加え、プログラミングコード/データの保存に使えるFlashメモリ(2MB)とRAM(256KB)を内蔵している。

Pythonをマイクロコントローラ向けに最適化したMicro Pythonを搭載。スタンドアロンモードでは、Micro Pythonスクリプトエンジンがモジュール上で直接動作するため、カスタムアプリが効率的に開発できるようになる。

ホストとの通信高速化のためにSPIポートを搭載しており、従来のWi-Fiモジュールと互換性のあるUARTを経由してのATコマンドに加え、SPIを経由して独自プロトコルでの高速通信も可能だ。

無線LANは802.11 b/g/nをサポート、セキュリティプロトコルはWEP、WPA2パーソナルに加え、IEEE802.1X認証を用いたWPA2エンタープライズに対応する。組み込み機器向けにWPS(Wireless Protected Setup)も利用できる。強力な暗号化プロトコルを実装したことで、Secured OTA経由でのソフトウェア/ファームウェア更新、Flashファイルシステムのセキュアなアップデートが可能になった。

また、TCP/IPプロトコルスタックはHTTP/HTTPS/MQTT/SMTP/WebSocketを搭載し、モバイル端末やクラウド向けの実装を容易にしている。

SPWF04シリーズには、ISMバンドアンテナを内蔵したSPWF04SAと、外部アンテナ取り付け用コネクタ(U.FLコネクタ)を内蔵したSPWF04SCの2種類をラインアップ。どちらも寸法は26.92×15.24×2.35mmで、消費電力はスタンバイモードで40μA、アイドル通信モードで5mAとなる。なお、FCC、CE、ICなどの認証取得済みで、RoHS準拠部品だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  2. 3Dプリンター/レーザー彫刻/CNC彫刻に対応可能な複合機「DOBOT Mooz」一般販売開始
  3. 3Dプリンターと光るフィラメントを使って暗闇合コンしてみた
  4. JavaScriptでプログラミングできる超小型IoTコントローラー「neonious one」
  5. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  6. 青色レーザーで高精細スキャニング——デスクトップ3Dスキャナーキット「WildCats 3D」
  7. レーザーエネルギー伝送で飛行する昆虫型ロボット「RoboFly」
  8. 乾電池だけでBLEビーコン——乾電池型IoTデバイス「MaBeee ビーコンモデル」
  9. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  10. Wi-Fi/Bluetooth通信モジュールや関連部品を同梱——CQ出版、オールインIoT学習ワークベンチ「PICoT」全部入り版を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る