新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デジタル窓「Atmoph Window」が5GHzのWi-Fiに対応——ダブルキャンペーンも開始

アトモフが開発したスマートなデジタル窓「Atmoph Window」がアップグレードし、5GHzのWi-Fiに対応した。新色のコズミックシルバーも追加し、「5000円オフ+風景5本無料」と「Atmoph Windowプレゼント」のダブルキャンペーンも4月30日まで開催している。

Atmoph Windowは、世界500カ所で4K撮影された映像とリアルな音を流す窓型のIoT製品。Wi-Fiでインターネットに接続し、スマートフォンアプリから操作できる。2015年5月にKickstarterで先行登場して人気を集め、2016年10月に出荷を開始した。

今回のアップグレードでは、これまでの2.4GHzに加え、5GHzのWi-Fiにも対応した。高画質な風景映像のダウンロードが速くなるとともに、家庭内やオフィスでの電波干渉に強くなり、Wi-Fiルーターからの距離が離れても利用しやすくなっている。

またフレームカラーは、これまでのオーク、ウォールナット、ホワイト、ブラックに新色のコズミックシルバーを加え、5色から選べるようになった。

この新しいAtmoph Windowの販売開始を記念して、アトモフでは2つのキャンペーンを開始している。

photo

ひとつは「5000円オフ+風景5本無料」キャンペーン。Atmoph公式サイトに限り、通常価格6万9800円を5000円引きの6万4800円(税別)で販売する。あわせてAtmoph風景ストアで使える風景映像5本無料のクーポンがつく。

もうひとつは「Atmoph Windowプレゼント」。TwitterのAtmoph公式アカウント(@atmophjp)をフォローしてリツイートした人の中から、抽選で3人にAtmoph Windowが1台プレゼントされる。

キャンペーン期間は、4月30日(日)まで。キャンペーン情報は、新製品情報ページに詳しく書かれている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る