新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デジタル窓「Atmoph Window」が5GHzのWi-Fiに対応——ダブルキャンペーンも開始

アトモフが開発したスマートなデジタル窓「Atmoph Window」がアップグレードし、5GHzのWi-Fiに対応した。新色のコズミックシルバーも追加し、「5000円オフ+風景5本無料」と「Atmoph Windowプレゼント」のダブルキャンペーンも4月30日まで開催している。

Atmoph Windowは、世界500カ所で4K撮影された映像とリアルな音を流す窓型のIoT製品。Wi-Fiでインターネットに接続し、スマートフォンアプリから操作できる。2015年5月にKickstarterで先行登場して人気を集め、2016年10月に出荷を開始した。

今回のアップグレードでは、これまでの2.4GHzに加え、5GHzのWi-Fiにも対応した。高画質な風景映像のダウンロードが速くなるとともに、家庭内やオフィスでの電波干渉に強くなり、Wi-Fiルーターからの距離が離れても利用しやすくなっている。

またフレームカラーは、これまでのオーク、ウォールナット、ホワイト、ブラックに新色のコズミックシルバーを加え、5色から選べるようになった。

この新しいAtmoph Windowの販売開始を記念して、アトモフでは2つのキャンペーンを開始している。

photo

ひとつは「5000円オフ+風景5本無料」キャンペーン。Atmoph公式サイトに限り、通常価格6万9800円を5000円引きの6万4800円(税別)で販売する。あわせてAtmoph風景ストアで使える風景映像5本無料のクーポンがつく。

もうひとつは「Atmoph Windowプレゼント」。TwitterのAtmoph公式アカウント(@atmophjp)をフォローしてリツイートした人の中から、抽選で3人にAtmoph Windowが1台プレゼントされる。

キャンペーン期間は、4月30日(日)まで。キャンペーン情報は、新製品情報ページに詳しく書かれている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る