新しいものづくりがわかるメディア

RSS


42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」

小型ながら42個のキーを備え持ち運びに便利なArduino用キーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」が、Kickstarterでクラウドファンディング中だ。

42-Digit SPI Keypad Matrix

42-Digit SPI Keypad Matrixは、アルファベット26文字(A~Z)、数字(0~9)、6つのコマンド(SPACE、#、SAVE、CLEAR、LOAD、ENTER)の入力が可能なデバイス。使い方は簡単だ。電源を繋ぎ、データ、クロック、CS信号線をArdunino UnoとSPI接続してサンプルプログラムを入れるだけでよい。ライブラリは一切必要ない

42-Digit SPI Keypad Matrix

キーパッドには操作モードが2つあり、ボード上のジャンパーでモードを切り替える。操作モード「Program A」では、押したキーのデータを単純にArduinoに送る。アルファベットと数字を入力できるので、簡易キーボードとして使用可能だ。もう1つの操作モード「Program B」では4桁の暗証番号を設定してロックを行う。4桁の組み合わせは自由に設定でき、暗証番号はボードのEEPROMに保存される。

できることはこれだけだが、割り切って使う分にはシンプルで便利なデバイスだろう。

42-Digit SPI Keypad Matrix

42-Digit SPI Keypad Matrixは2017年5月19日までクラウドファンディングを実施。4月21日時点で、既に目標額800カナダドル(約6万5000円)を上回る約910カナダドル(約7万4000円)を集めている。

42-Digit SPI Keypad Matrixの価格は、自分で組み立てるDIYキットが25カナダドル(約2000円)で、完成品は29カナダドル(約2400円)。出荷は2017年5月の予定で、日本への送料は8カナダドル(約650円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る