新しいものづくりがわかるメディア

RSS


42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」

小型ながら42個のキーを備え持ち運びに便利なArduino用キーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」が、Kickstarterでクラウドファンディング中だ。

42-Digit SPI Keypad Matrix

42-Digit SPI Keypad Matrixは、アルファベット26文字(A~Z)、数字(0~9)、6つのコマンド(SPACE、#、SAVE、CLEAR、LOAD、ENTER)の入力が可能なデバイス。使い方は簡単だ。電源を繋ぎ、データ、クロック、CS信号線をArdunino UnoとSPI接続してサンプルプログラムを入れるだけでよい。ライブラリは一切必要ない

42-Digit SPI Keypad Matrix

キーパッドには操作モードが2つあり、ボード上のジャンパーでモードを切り替える。操作モード「Program A」では、押したキーのデータを単純にArduinoに送る。アルファベットと数字を入力できるので、簡易キーボードとして使用可能だ。もう1つの操作モード「Program B」では4桁の暗証番号を設定してロックを行う。4桁の組み合わせは自由に設定でき、暗証番号はボードのEEPROMに保存される。

できることはこれだけだが、割り切って使う分にはシンプルで便利なデバイスだろう。

42-Digit SPI Keypad Matrix

42-Digit SPI Keypad Matrixは2017年5月19日までクラウドファンディングを実施。4月21日時点で、既に目標額800カナダドル(約6万5000円)を上回る約910カナダドル(約7万4000円)を集めている。

42-Digit SPI Keypad Matrixの価格は、自分で組み立てるDIYキットが25カナダドル(約2000円)で、完成品は29カナダドル(約2400円)。出荷は2017年5月の予定で、日本への送料は8カナダドル(約650円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る