新しいものづくりがわかるメディア

RSS


モジュラーシンセサイザーに自分好みの音を追加——4チャンネル、64ステップシーケンサー「Fluxus One」

ユーロラック規格対応で、チャンネルごとに細かい設定が可能な4チャンネル、64ステップシーケンサー「Fluxus One」がKickstarterに登場した。

Fluxus One

Fluxus Oneの各チャンネルは独立したシーケンサーのように機能し、シーケンス長、クロック分周、クオンタイズ(音の発生タイミング補正)機能などを個別に設定できる。

Fluxus Oneは、チャンネルごとにゲート信号1つとCV信号2つの出力が可能だ。CV出力範囲は20Vpp。ピッチ出力は20Vの範囲内で任意に設定した10V幅を変動するため、接続先モジュールのCV入力条件に合わせて出力電圧を調整できる。各CV出力パスにはグライド回路が用意されており、256段階でグライド時間を設定できる。

Fluxus One

チャンネルごとに用意されたLFOは、ステップごとに振幅、周波数、波形を設定できる。また、ステップごとに音の高さや速度、オクターブ幅などを設定したアルペジオ設定も可能だ。アルペジオはオーバーラップできるので、複雑なシークエンスを少ない手順で作り出せる。

Fluxus One

Fluxus Oneはユーロラック規格に準拠しているので、既存のユーロラック規格対応モジュラーシンセサイザーに組み込んで使用できる。

Fluxus Oneは、2017年5月14日までクラウドファンディングを実施する。4月21日時点で目標額2万5000ドル(約270万円)に対して、約1万9000ドル(約200万円)を集めている。

Fluxus Oneの早期割引価格は、575ドル(約6万3000円)。出荷は2017年7月の予定で、日本への送料は45ドル(約5000円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  6. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  7. ソフトロボットへの応用も——印刷技術による薄く柔軟なモーターを開発
  8. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  9. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る