新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Genkei、FFF方式3Dプリンター「Lepton2 デュアル」発売——独立式デュアルヘッドで2射出に対応

Genkeiは、独立式デュアルヘッドを備えた「ツールスイッチシステム」を搭載するFFF方式3Dプリンター「Lepton2 デュアル」を発売する。

photo

Lepton2 デュアルは、同社のFFF方式3Dプリンター「Lepton2」の新型となる。今回新規に開発した「ツールスイッチシステム」は、これまでの一般的な並列式デュアルヘッドとは異なり、1ヘッドずつ独立したヘッドを利用するものだ。独立したヘッドを使うことで、これまで問題であった2素材がノズル先で混ざってしまったり、使用していないノズル先から素材が漏れて造形物に落ちてしまったりといったトラブルが解消できる。

photo

また、これまでの1射出モデル同様のメンテナンス性を維持しつつ、軽量化や造形エリアを損なうことなく2射出化を実現したとしている。なお、1射出モデルのLepton 2ユーザー向けに、Lepton2 デュアルにアップデート可能なオプションを提供するという。

本体サイズは、364×375×425mm (リール無しの場合)、印刷エリアは、200×190×200mm(1射出時の幅は200mm)、積層ピッチは、25~300μm、印刷速度は5~120mm/秒となる。従来モデル同様、ヒーテッドベッドを標準装備し、LCDコントロールパネルによるスタンドアロン動作も可能だ。なお、Lepton2 デュアルには、3Dプリントソフト「Simplify3D」が1ライセンス搭載される。

photo

従来モデル同様、使用可能なフィラメントは、PLA、ABS、PET、ナイロン、TPE、ゴム/TPU/TPC、木材、金属、PVA、ポリカーボネート、Co-Polymer、HIPSなど、多種多様な素材に対応する。

同社販売サイトでのLepton2 デュアルの価格は、20万6280円(税込、送料別)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  3. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  4. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  5. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る