新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Genkei、FFF方式3Dプリンター「Lepton2 デュアル」発売——独立式デュアルヘッドで2射出に対応

Genkeiは、独立式デュアルヘッドを備えた「ツールスイッチシステム」を搭載するFFF方式3Dプリンター「Lepton2 デュアル」を発売する。

photo

Lepton2 デュアルは、同社のFFF方式3Dプリンター「Lepton2」の新型となる。今回新規に開発した「ツールスイッチシステム」は、これまでの一般的な並列式デュアルヘッドとは異なり、1ヘッドずつ独立したヘッドを利用するものだ。独立したヘッドを使うことで、これまで問題であった2素材がノズル先で混ざってしまったり、使用していないノズル先から素材が漏れて造形物に落ちてしまったりといったトラブルが解消できる。

photo

また、これまでの1射出モデル同様のメンテナンス性を維持しつつ、軽量化や造形エリアを損なうことなく2射出化を実現したとしている。なお、1射出モデルのLepton 2ユーザー向けに、Lepton2 デュアルにアップデート可能なオプションを提供するという。

本体サイズは、364×375×425mm (リール無しの場合)、印刷エリアは、200×190×200mm(1射出時の幅は200mm)、積層ピッチは、25~300μm、印刷速度は5~120mm/秒となる。従来モデル同様、ヒーテッドベッドを標準装備し、LCDコントロールパネルによるスタンドアロン動作も可能だ。なお、Lepton2 デュアルには、3Dプリントソフト「Simplify3D」が1ライセンス搭載される。

photo

従来モデル同様、使用可能なフィラメントは、PLA、ABS、PET、ナイロン、TPE、ゴム/TPU/TPC、木材、金属、PVA、ポリカーボネート、Co-Polymer、HIPSなど、多種多様な素材に対応する。

同社販売サイトでのLepton2 デュアルの価格は、20万6280円(税込、送料別)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る