新しいものづくりがわかるメディア

RSS


つくって、あそんで、ひらめいて——ソニー、体感型トイ・プラットフォーム「toio」発表

ソニーは、体感型トイ・プラットフォーム「toio(トイオ)」を12 月1 日に発売、予約受付を開始した。Toioは、ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program(SAP)」から生まれたものだ。

photo

toioは、子どもが創意工夫して遊ぶことができる体感型のトイ・プラットフォームで、本体の「toio コンソール」とモーターを内蔵して動き回る「toio コア キューブ」×2、各キューブの動きを制御するコントローラー「toio リング」×2により構成される。

photo

Toio向けのゲームや遊びなどのコンテンツは、シナリオやデータが入った専用カートリッジと、キューブを載せて遊ぶためのマットやカード、本、そしてキューブの上に乗せて遊べるキャラクターフィギュアなどと合わせて提供される。

photo

toio でのゲームや遊びは、各タイトルに付属するカートリッジをコンソールにセットし、キューブを専用のマットの上に乗せることからはじまる。キューブには、マット上の位置をリアルタイムに検出する絶対位置センサーとモーターが搭載されている。これにより、ゲームのルールやシナリオに従った指示をコンソールからのワイヤレス制御で受け取り、タイトルに合わせた自動制御や、キューブの位置関係に合わせた動作をさせることができる。

また、リング状の専用コントローラーを片手で操作しながらもう一方の手でキューブやおもちゃを触りながら遊ぶこともできる。

photo 「トイオ・コレクション」
photo 「工作生物 ゲズンロイド」

ソニーでは、toio向けタイトルの第一弾として、レゴなどを組み合わせて遊ぶことができる工作バトルゲームやプログラミング発想を育むパズルなどの5つの遊びが入った「トイオ・コレクション」、紙とキューブで生物のような作品を作る「工作生物 ゲズンロイド」の2本のタイトルの発売を予定している。

さらに、バンダイやソニー・ミュージックエンタテインメントなどパートナー各社がタイトルを企画・開発中だという。

先行予約は、ソニーのサイト「First Flight」にて受付中だ。

Toioや各タイトルはオープン価格だが、同サイトではtoio本体とタイトル2本、レゴが付いた全部セットが3万3415円、toio本体と「トイオ・コレクション」、レゴが付いた基本セットが2万9117円(価格はいずれも税込)となっている。なお、初回限定の各セットはすでに完売している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る