新しいものづくりがわかるメディア

RSS


豆サイズでも高精細印刷——399ドルのSLA方式3Dプリンター「Bean」先行予約開始

Kudo3Dは、光造形(SLA)方式3Dプリンター「Bean」の先行予約をKickstarterにて開始した。

photo

Beanは、405nmのUV LEDを光源とする2K LCDパネルを使い、コストダウンを図りながらも同社の上位モデル「Titan」シリーズに匹敵する高精細印刷が可能な小型デスクトップ3Dプリンターだ。

photo

Beanでは、Titanシリーズにも採用されている硬化層とレジンの間の分離力を抑え、印刷速度を上げてモデルを滑らかに仕上げる受動自己剥離技術(PSP)を高精細LCDと組み合わせる。

photo

本体サイズは200×200×400mm、重量6kg、最大造形サイズは68×120×150mm、X-Y解像度は50μm、最小積層ピッチ10μm、消費電力は50Wとなっている。4色の専用レジンを用意するが、405nmで硬化する汎用レジンも使用できると思われる。対応OSは、Windows、Mac、Linuxだ。

photo
photo
photo

Beanの本体価格は399ドル(約4万4300円)。Kickstarter での目標金額は5万ドル(約555万円)で、30セット限定の超早割199ドル(約2万2100円)、300セット限定の早割299ドル(約3万3200円)などの先行予約プランを用意する。各セットにはバットなどの消耗品が付属する。

なお、日本語版マニュアルはホームページで公開予定で、使用方法などについては、日本語で直接Kudo3Dに問い合わせできるとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る