新しいものづくりがわかるメディア

RSS


斜めに積層、無限大に長い造形物も——ベルトコンベヤー付き3Dプリンター「BLACKBELT」

ベルトコンベヤー付きFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「BLACKBELT」がKickstarterに登場した。

BLACKBELTは、レイヤーを水平方向ではなく斜めの状態で重ねて造形するタイプの3Dプリンターだ。ベルトコンベヤー付きのため、自動連続プリントや長い造形物のプリントができる点が特徴だ。

BLACKBELT
BLACKBELT

プリント傾斜角度は15度、25度、34度、45度の4段階で調整可能で、特殊な形状の造形が可能。一般的な3Dプリンターではサポート材が必要なオーバーハング形状でもサポート材なしでプリントできる。

BLACKBELT

ただし、空中でのプリントはできないため、底面の先端が反っていてコンベヤーより浮いた形状の造形物をプリントするときは、反っている部分をサポートする造形物を前もってプリントしその上にプリントする必要がある。

BLACKBELT

本体ボディは、ステンレスシートとBOSCHのアルミビームプロファイルで作られた金属フレームを採用。丈夫な構造のうえ容易にカスタマイズができるとしている。カーボンファイバー製ベルトコンベヤーは耐久性が高く、表面は造形物を固定する吸着力を備える。

BLACKBELT

ベルトコンベヤー上でプリントするので、かなり長い造形物でもプリント可能。デモ動画ではオプションのローラーテーブルを付けた状態で長さ2メートルの造形物をプリントする様子を公開している。さらに、ベルトコンベヤー式なのでコンベヤー端に入れ物を置いておくと、造形物は自動的にコンベヤー端まで運ばれて入れ物に集められる。造形物を手で取り外す必要がなく、自動で連続プリントが可能だ。

BLACKBELT

プリントヘッドは交換可能で、ノズル径0.4mm、0.6mm、0.8mmのプリントヘッドが付属。造形サイズは∞×340×340mmとしている。1.75mm径ABS/PLA/PETGフィラメントに対応する。

BLACKBELT

BLACKBELTは、2017年7月1日までクラウドファンディングを実施。6月5日時点で、目標額5万ユーロ(約620万円)を上回る約6万8000ユーロ(約850万円)を集めている。

BLACKBELTの予定小売価格は9500ユーロ(約118万円)。今なら早期割引価格6500ユーロ(約81万円)で入手できる。2017年10月の出荷を予定しており、日本への出荷にも対応するが送料については確認が必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  3. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  4. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  5. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  6. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  9. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  10. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る