新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Formlabs、SLA方式3Dプリンター「Form 2」による生産自動化ソリューション「Form Cell」を発表

Formlabsは、アメリカのMIT Media Labで6月5日に開催された「The Digital Factory」にて、3Dプリンター「Form 2」を使った3Dプリンティング自動化システム「Form Cell」を発表した。

photo

Form Cellは、同社のSLA(光造形)方式3DプリンターForm 2自動洗浄ツール「Form Wash」などのポストプロセスソリューション、産業ロボット向けガントリーシステム、プリント計画を最適化するソフトウェア、リモートモニタリングなどから構成される3Dプリンティングによる生産自動化ソリューションだ。

photo

Formlabsによると、3Dプリンティングは小ロット生産用途に適しているものの、部品1個あたりの生産コストが高く、3Dプリンター導入の障壁となっているという。

photo

Form Cellは、データから造形までの3Dプリンティングをすべて並列化/自動化して手動プロセスを排除、生産コストの削減を実現する。その構成はスケーラブルで、産業標準ビジネスマネージメントシステムCRM/ERP/MESなどに対応するAPIも用意することで、広範な産業用途にこの新たな生産手段が提供できるとしている。

photo

同社によると、これまで1000万パーツ以上の出力実績があるForm 2のSLAエンジンを利用することで、安定したプリント作業と設備のダウンタイムを削減し、大規模生産が可能だとしている。また、プリントジョブのスケジューリングから、エラー検出、リモート監視、パーツとシリアル番号のプリントなど、すべての繰り返し作業を並列化/自動化することで、セル生産による24時間デジタルファクトリー化を実現する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る