新しいものづくりがわかるメディア

RSS


製品レビュー

Formlabsの光造形3Dプリンタ「Form 2」——シンプルかつ安定した造形と、高品質レジンのラインアップ

アメリカの光造形方式3DプリンタメーカーFormlabsが2015年に発表した光造形方式3Dプリンタ「Form 2」。

発売から1年半が経ち、ファームウェアや付属ソフトウェアのアップデートによって、発売当初よりも性能が安定した上、レジンのバリエーションも増えた。デスクトップに置けるサイズの光造形方式3Dプリンタを検討しているユーザーにとっては、気になる1台ではないだろうか。そこで中野のファブ施設「あッ 3Dプリンター屋だッ!!」でおなじみの東京メイカーの毛利さんの協力の元、Form 2の実力を検証した。

Form 2はFormlabsとしては3代目となる光造形方式3Dプリンタで、外形サイズは350×330×520mm、重さは13kg。最大造型サイズは145×145×175mm、積層ピッチは25/50/100μm、レーザースポット径は140μm。本体価格は54万9800円(税別)で、レジンは1万8800円から。

「Form 2」(「あッ 3Dプリンター屋だッ!!」2号店で撮影) 「Form 2」(「あッ 3Dプリンター屋だッ!!」2号店で撮影)

企業での利用が主だった光造形方式3Dプリンタを一般ユーザーにも手の届く価格で実現した初代モデル「Form 1」は、Kickstarterで300万ドルを集めるなど、個人向け光造形方式3Dプリンタの代表的なブランドとして知られている。

本体に同梱のアクセサリー類。造形物の洗浄セットや、本体の水平を確保するための調整用コースターなど、ユーザーの使いやすさを配慮したアイテムが付いてくる。 本体に同梱のアクセサリー類。造形物の洗浄セットや、本体の水平を確保するための調整用コースターなど、ユーザーの使いやすさを配慮したアイテムが付いてくる。

Form 2の特長として真っ先に挙げられるのがシンプルな操作性とユーザーインターフェースだ。

「箱を開封して、設置、キャリブレーション、出力まで1時間程度あれば十分なほどセットアップは簡単です。ワンクリックプリントモードで出力すると、プリントソフト側でデータを解析して、ベストな出力方向を判断して造形するので、光造形方式の3Dプリンタが初めての人にも使いやすいと思います」(毛利さん)

本体前面にはフルカラーのタッチパネルディスプレイがあり、初めて使うユーザーでも分かりやすいインターフェースになっている。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る