新しいものづくりがわかるメディア

RSS


HP、業務用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」をアジア太平洋地域で提供開始

HPは、業務用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」をアジア太平洋地域で提供開始すると発表した。

Jet Fusion 3D Printer

Jet Fusion 3Dは、2016年5月に発表された同社初の3Dプリンター。2Dプリント技術を活用した新技術「マルチジェットフュージョン」を採用し、同じ価格帯にある他社のFFF/SLS(熱溶融積層/選択的レーザー焼結)方式プリントソリューションに比べ、最大10倍のスピードと半分のコストで生産できるという。

北米とヨーロッパの一部地域では既に販売しており、今回は中国、日本、韓国、シンガポールおよびオーストラリアを皮切りにアジア太平洋地域に販売地域を拡大する。

HP Jet Fusion 3D Printer
HP Jet Fusion 3D Processing Station

また、販売店プログラム「Partner First 3D Printing Specialization」もアジア太平洋地域に展開拡大し、アジア圏内の会社10社以上と新規提携することも発表している。特に中国では、3DプリンティングサービスプロバイダのShining 3D ePrint TechおよびInfinite 3D Printingが、HPのパートナー会社として北京、上海、南京、広州、蘇州、青島などで3Dプリンティングソリューションを展開する。

さらに、HPは、顧客やパートナー会社とのつながりを深めるため「3Dプリンティングレファレンス体験センター(3D Printing Reference and Experience Center)」を東京、北京、上海、蘇州、杭州、青島、台北、シンガポールおよびメルボルンに新たに開設することも発表している。

HPは、2017年6月21日~6月23日開催「第28回設計・製造ソリューション展(DMS)」に出展。同社が提供する3Dプリンティングソリューションを展示する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る