新しいものづくりがわかるメディア

RSS


HP、業務用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」をアジア太平洋地域で提供開始

HPは、業務用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」をアジア太平洋地域で提供開始すると発表した。

Jet Fusion 3D Printer

Jet Fusion 3Dは、2016年5月に発表された同社初の3Dプリンター。2Dプリント技術を活用した新技術「マルチジェットフュージョン」を採用し、同じ価格帯にある他社のFFF/SLS(熱溶融積層/選択的レーザー焼結)方式プリントソリューションに比べ、最大10倍のスピードと半分のコストで生産できるという。

北米とヨーロッパの一部地域では既に販売しており、今回は中国、日本、韓国、シンガポールおよびオーストラリアを皮切りにアジア太平洋地域に販売地域を拡大する。

HP Jet Fusion 3D Printer
HP Jet Fusion 3D Processing Station

また、販売店プログラム「Partner First 3D Printing Specialization」もアジア太平洋地域に展開拡大し、アジア圏内の会社10社以上と新規提携することも発表している。特に中国では、3DプリンティングサービスプロバイダのShining 3D ePrint TechおよびInfinite 3D Printingが、HPのパートナー会社として北京、上海、南京、広州、蘇州、青島などで3Dプリンティングソリューションを展開する。

さらに、HPは、顧客やパートナー会社とのつながりを深めるため「3Dプリンティングレファレンス体験センター(3D Printing Reference and Experience Center)」を東京、北京、上海、蘇州、杭州、青島、台北、シンガポールおよびメルボルンに新たに開設することも発表している。

HPは、2017年6月21日~6月23日開催「第28回設計・製造ソリューション展(DMS)」に出展。同社が提供する3Dプリンティングソリューションを展示する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCBマスクが手軽にできる——回路パターン転写用プリンター「Litho」
  2. VR用の360度パノラマ撮影ができる——Raspberry Pi用超広角カメラモジュール「VR220」発売
  3. Raspberry Piでニキシー管を使う——15種類のソケットに対応した拡張ボード「Nixie Shield」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. 机に乗る超小型の5軸CNCミリングマシン「Pocket NC」
  6. 人工知能を自宅で学習——CQ出版、「算数&ラズパイから始める ディープ・ラーニング」発刊へ
  7. USBにつなぐだけで、映画館の感動を完全再現——東北産ポータブルスピーカー「OVO」
  8. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  9. 日本の加工技術の高さが映えるクールなチタン製毛抜き「Tweezers of Legend」
  10. 3G/LTE通信ボード「CANDY Pi Lite」が「Raspberry Pi Zero WH」に正式対応

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る