新しいものづくりがわかるメディア

RSS


HP、業務用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」をアジア太平洋地域で提供開始

HPは、業務用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」をアジア太平洋地域で提供開始すると発表した。

Jet Fusion 3D Printer

Jet Fusion 3Dは、2016年5月に発表された同社初の3Dプリンター。2Dプリント技術を活用した新技術「マルチジェットフュージョン」を採用し、同じ価格帯にある他社のFFF/SLS(熱溶融積層/選択的レーザー焼結)方式プリントソリューションに比べ、最大10倍のスピードと半分のコストで生産できるという。

北米とヨーロッパの一部地域では既に販売しており、今回は中国、日本、韓国、シンガポールおよびオーストラリアを皮切りにアジア太平洋地域に販売地域を拡大する。

HP Jet Fusion 3D Printer
HP Jet Fusion 3D Processing Station

また、販売店プログラム「Partner First 3D Printing Specialization」もアジア太平洋地域に展開拡大し、アジア圏内の会社10社以上と新規提携することも発表している。特に中国では、3DプリンティングサービスプロバイダのShining 3D ePrint TechおよびInfinite 3D Printingが、HPのパートナー会社として北京、上海、南京、広州、蘇州、青島などで3Dプリンティングソリューションを展開する。

さらに、HPは、顧客やパートナー会社とのつながりを深めるため「3Dプリンティングレファレンス体験センター(3D Printing Reference and Experience Center)」を東京、北京、上海、蘇州、杭州、青島、台北、シンガポールおよびメルボルンに新たに開設することも発表している。

HPは、2017年6月21日~6月23日開催「第28回設計・製造ソリューション展(DMS)」に出展。同社が提供する3Dプリンティングソリューションを展示する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  5. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  6. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. 第8回 慶應SFC研究所 高大連携教育WG、奈良県立高で「つくりかたの未来講座」を開催——STEM手法で生徒の創造性を引き出すワークショップ
  9. 押しボタンの奥深い世界——押下の正確性を向上するシミュレーションを開発
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る