新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プリントエリアを拡大しABS樹脂にも対応——FLASHFORGEの3Dプリンター「GuiderII」

FLASHFORGEは、パーソナル3Dプリンター「Guider」の上位バージョン「GuiderII(ガイダーツー)」の予約販売を開始した。最大造形サイズを280×250×300mmに拡大し、PLA樹脂だけでなくABS樹脂による造形にも対応した。

GuiderIIは、最小積層ピッチ50μmの高精度で造形できるFFF(熱溶融積層)方式のデスクトップ3Dプリンター。プリント可能サイズを最大限に拡大し、最大造形サイズは280×250×300mmと、従来機種Guiderの250×250×200mmからさらに拡大した。

また、造形素材として従来はPLA樹脂のみが利用できたが、ヒーテッドベッドを標準装備したことにより、ABS樹脂による造形も可能になった。

その他新機能として、本体にフィラメント切れを検出する機能が搭載された。フィラメントが切れると自動的に造形を一時停止し、交換後に再スタートできる。また、電源が切れた場合、再起動する停電回復機能も搭載。PCとの接続はUSBケーブル、USBメモリのほかWi-Fi接続も可能になった。

本体サイズは549×490×561mm、重量は30kg。フィラメント径は1.75mm。ソフトはオリジナルのスライスエンジン「FlashPrint」が付属する。

本体価格は24万9000円、本体+2年目保証で32万9000円(いずれも税・送料込)。出荷は7月末の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る