新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プリントエリアを拡大しABS樹脂にも対応——FLASHFORGEの3Dプリンター「GuiderII」

FLASHFORGEは、パーソナル3Dプリンター「Guider」の上位バージョン「GuiderII(ガイダーツー)」の予約販売を開始した。最大造形サイズを280×250×300mmに拡大し、PLA樹脂だけでなくABS樹脂による造形にも対応した。

GuiderIIは、最小積層ピッチ50μmの高精度で造形できるFFF(熱溶融積層)方式のデスクトップ3Dプリンター。プリント可能サイズを最大限に拡大し、最大造形サイズは280×250×300mmと、従来機種Guiderの250×250×200mmからさらに拡大した。

また、造形素材として従来はPLA樹脂のみが利用できたが、ヒーテッドベッドを標準装備したことにより、ABS樹脂による造形も可能になった。

その他新機能として、本体にフィラメント切れを検出する機能が搭載された。フィラメントが切れると自動的に造形を一時停止し、交換後に再スタートできる。また、電源が切れた場合、再起動する停電回復機能も搭載。PCとの接続はUSBケーブル、USBメモリのほかWi-Fi接続も可能になった。

本体サイズは549×490×561mm、重量は30kg。フィラメント径は1.75mm。ソフトはオリジナルのスライスエンジン「FlashPrint」が付属する。

本体価格は24万9000円、本体+2年目保証で32万9000円(いずれも税・送料込)。出荷は7月末の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  5. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  6. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  7. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  8. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  9. スクリーン印刷技術を活用して有機トランジスタ大規模集積回路を製造
  10. Raspberry Piでミュージックサーバーからロボット制御まで——リックテレコム、「ラズパイZero 工作ブック」刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る