新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プリントエリアを拡大しABS樹脂にも対応——FLASHFORGEの3Dプリンター「GuiderII」

FLASHFORGEは、パーソナル3Dプリンター「Guider」の上位バージョン「GuiderII(ガイダーツー)」の予約販売を開始した。最大造形サイズを280×250×300mmに拡大し、PLA樹脂だけでなくABS樹脂による造形にも対応した。

GuiderIIは、最小積層ピッチ50μmの高精度で造形できるFFF(熱溶融積層)方式のデスクトップ3Dプリンター。プリント可能サイズを最大限に拡大し、最大造形サイズは280×250×300mmと、従来機種Guiderの250×250×200mmからさらに拡大した。

また、造形素材として従来はPLA樹脂のみが利用できたが、ヒーテッドベッドを標準装備したことにより、ABS樹脂による造形も可能になった。

その他新機能として、本体にフィラメント切れを検出する機能が搭載された。フィラメントが切れると自動的に造形を一時停止し、交換後に再スタートできる。また、電源が切れた場合、再起動する停電回復機能も搭載。PCとの接続はUSBケーブル、USBメモリのほかWi-Fi接続も可能になった。

本体サイズは549×490×561mm、重量は30kg。フィラメント径は1.75mm。ソフトはオリジナルのスライスエンジン「FlashPrint」が付属する。

本体価格は24万9000円、本体+2年目保証で32万9000円(いずれも税・送料込)。出荷は7月末の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る