新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プリントエリアを拡大しABS樹脂にも対応——FLASHFORGEの3Dプリンター「GuiderII」

FLASHFORGEは、パーソナル3Dプリンター「Guider」の上位バージョン「GuiderII(ガイダーツー)」の予約販売を開始した。最大造形サイズを280×250×300mmに拡大し、PLA樹脂だけでなくABS樹脂による造形にも対応した。

GuiderIIは、最小積層ピッチ50μmの高精度で造形できるFFF(熱溶融積層)方式のデスクトップ3Dプリンター。プリント可能サイズを最大限に拡大し、最大造形サイズは280×250×300mmと、従来機種Guiderの250×250×200mmからさらに拡大した。

また、造形素材として従来はPLA樹脂のみが利用できたが、ヒーテッドベッドを標準装備したことにより、ABS樹脂による造形も可能になった。

その他新機能として、本体にフィラメント切れを検出する機能が搭載された。フィラメントが切れると自動的に造形を一時停止し、交換後に再スタートできる。また、電源が切れた場合、再起動する停電回復機能も搭載。PCとの接続はUSBケーブル、USBメモリのほかWi-Fi接続も可能になった。

本体サイズは549×490×561mm、重量は30kg。フィラメント径は1.75mm。ソフトはオリジナルのスライスエンジン「FlashPrint」が付属する。

本体価格は24万9000円、本体+2年目保証で32万9000円(いずれも税・送料込)。出荷は7月末の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る