新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」

Raspberry Piベースのホーム地震計「Raspberry Shake 4D」がKickstarterに登場し、注目を集めている。

photo

Raspberry Shake 4Dは、英Raspberry Pi財団の創設者エベン・アプトン氏が2016年12月に来日した際の講演で、「地震研究に使われる高価な地震計の替わりとなる99ドルで実用的な地震計」として紹介された「Raspberry Shake」の後継プロジェクトだ。Raspberry Shakeは2016年7月にクラウドファンディングが行われ、目標額の14倍を調達する大成功を納めている。

photo

Raspberry Shakeは、専用の受振器(Geophone)を使い、半径30km以内のマグニチュード2以上、100km以内のマグニチュード4以上の揺れを捉えることができる。 今回登場したRaspberry Shake 4Dでは、Geophoneに加えMEMS加速度センサー×3を追加した4chの入力で測定範囲を拡げるとともに、揺れを3次元で計測することができるようになった。計測精度についても、数千ドルの地震計に匹敵するとしている。

photo

計測したデータはパソコンのブラウザやAndroid端末で閲覧できる。また、「Raspberry Shake Community」サーバーにも送信されるので、世界各地の観測データと比較し、地震の規模や震源を可視化することもできる。

photo

Raspberry Shake 4DのRaspberry Piなしの基板キット価格は264ドル(約2万9700円 )、Raspberry Pi付きキットは349ドル(約3万9300円)。屋外設置用にIP66仕様の全天候エンクロージャーが249ドル(約2万8000円)で用意されている。また、Raspberry Shakeからのアップグレードも189ドル(約2万1300円)で可能だ。いずれも出荷は10月の予定で、日本への送料は25ドル(約2810円)だ。

photo

Raspberry Shake 4Dは8月17日までクラウドファンディングを実施するが、7月18日時点で目標の7000ドル(約78万8000円)を大きく上回る約5万ドル(約563万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る