新しいものづくりがわかるメディア

RSS


日本の子どもたち30万人にマイコンを——BBC発の教育用マイコン「マイクロビット」国内導入へ

スイッチエデュケーションは、英マイクロビット財団による教育用マイコン「マイクロビット」の国内展開を発表した。

photo

マイクロビット(micro:bit)は、イギリス発のプログラミング教育向けのマイコンボード。BBCが主体となり、子どもたちの論理的思考能力を鍛えられるようデザインした。クレジットカードよりも小さいプリント基板に、動作をプログラミングできるLED×25とボタンスイッチ×2のほか、モーションセンサー、マグネトメータ—(コンパス)、Bluetooth機能などを搭載する。

photo

8月5日の国内発売に合わせ、マイクロビット財団が提供するウェブサイトと、同ウェブサイト内にあるプログラミング環境も日本語に対応する。

イギリスでは11~12歳の子ども全員(約100万人)にマイクロビットが無償で配布され、授業での活用が進んでいる。マイクロビット財団は2020年までに、アメリカとカナダで200万人、日本で30万人の子どもたちがマイクロビットを手にして遊び、学べる環境を作ることを目標に活動するとしている。

マイクロビットの日本展開に伴い、8月5~6日東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2017」にて、マイクロビット財団CEOのZach Shelby氏が基調講演とパネルディスカッションを行う。

マイクロビットの販売予定価格は2160円(税込)で、国内ではスイッチエデュケーションとオデッセイコミュニケーションズが販売代理店となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る