新しいものづくりがわかるメディア

RSS


身近に迫るサイバー戦争の脅威——電力網を狙い停電を引き起こすマルウェア「CRASHOVERRIDE」

セキュリティ関連企業のDragosは2017年6月12日、産業制御システム(ICS)を攻撃するマルウェア「CRASHOVERRIDE」の脅威を伝えるレポートを公開した。CRASHOVERRIDEは、2016年12月にウクライナで発生した大規模停電を引き起こした可能性がある。

Dragosによると、CRASHOVERRIDEは史上初の送電網を狙ったマルウェアフレームワーク。ウクライナで起きた2016年12月の停電はCRASHOVERRIDEにとって概念実証に過ぎず、まだ実力を隠しているのかもしれないという。対象範囲は広範にわたり、すぐにヨーロッパや中東、アジアにおいても脅威となる恐れがある。

CRASHOVERRIDEは、バックドア、ローダーモジュール、いくつかのサポート/ペイロードモジュールで構成される。IEC 101、IEC 104、IEC 61850、OPCなどのICSプロトコルスタックを悪用して攻撃を仕掛け、ブレーカーを操作して電力を停めてしまう。復旧を試みても作業を妨げ、“データワイパー”というコンポーネントがシステム上の既存ソフトウェアを削除してしまうという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  5. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」
  6. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  7. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  8. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  9. リアル「アイアンマン」、ジェットエンジンスーツ装着時最高速度のギネス世界記録を更新
  10. LPWAを導入しよう——CQ出版、「エレキジャックIoT No.1」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る