新しいものづくりがわかるメディア

RSS


カメラを使わずに人体の動きが認識できる——スマートアパレル「e-skin」

着用することで上半身の動きをモーションキャプチャーできるスマートアパレル「e-skin」がKickstarterで支援を募集中だ。

photo

ロングスリーブのコンプレッションウェアのような「e-skin shirts」は、肩や背中、肘などに合計14カ所の動きを計測する伸縮性の高い素材を使ったセンサーが貼り付けられており、上半身各部の動きをデータ化し、コアユニットに送ることができる。

photo

胸部に装着するコアユニット「e-skin Hub」は、XYZ方向の加速度を測る3軸加速度センサーと各軸周りの回転を測る3軸ジャイロセンサーを搭載している。そしてe-skin shirtsから送られてくる各部位のデータと合わせ、Bluetooth通信を使って上半身の複雑な動きを捉えることが可能だ。

photo

例えば、e-skinをVRゲームのコントローラーとして用いることで、格闘ゲームでの直感的な操作や没入感を体験できたり、スポーツ用途ではジョギングやヨガなどの運動フォームのモニタリングにも活用できる。

photo

また、Microsoft HoloLensと連携させ、e-skinによってジェスチャー入力の有効範囲を広げて、ARコンテンツの可能性を広げることもできるという。さらに、機械学習を利用してオリジナルのジェスチャーを認識させ、それを「決め技」に使ったゲームコンテンツも面白いだろう。PCやスマートフォン連携のためのSDKが用意されている。

photo

e-skin Hubのサイズは56×137×20.5mm、重量70.6gで、Micro USBで充電し、連続使用時間は4時間だ。e-skin Shirtの素材はポリエステル80%、スパンデックス20%。男性用女性用の2タイプがあり、XS~XXLまで6サイズが用意されている。100回以上の洗浄サイクル、1万回以上の伸張試験(50%伸び)に耐えるとしている。

photo

またアプリとして、e-skinを着ている人の動きに合わせてキャラクターが動くRunning/Fitnessアプリ、音や光が連動するYogaアプリ、動作ログデータを保存してグラフ化する開発者向けアプリData Trackerが用意されている。

photo

e-skinの開発元は、東京大学からのスピンオフベンチャーXenomaだ。Kickstarterでは、「e-skin+App 1DL」が早期割引価格の479ドル(約5万2700円)で購入できるプランなどを用意する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る