新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Wi-Fiモジュール+クラウド+スマホアプリで9ドル——安くて早いIoTプラットフォーム「BOLT」

IoTプラットフォーム「BOLT」が、Kickstarterにて出資を募っている。

photo

BOLTのWi-Fiモジュールは802.11 b/g/n に対応しており、入出力端子としてデジタルピン×5、アナログピン×1、UARTを備えている。ブート時間は1秒以内で、接続が切れた場合のオート再接続機能も搭載している。

photo

クラウド上のコンソールを使って、Wi-Fiモジュールの入出力ピンのリモート設定が可能で、センサー類を追加した場合のハードウェア側の設定変更も容易だ。ピンセレクターはダッシュボード上にGUIベースで表示されるため、直感的に操作できる。その他、クラウドソフトでは、コードのアップロードに加え、ダッシュボード上での直接入力によるコーディングも可能だ。

photo

また、Android/iOS対応のアプリが用意されており、ハードウェアのクラウド上へのリンク、アプリケーションのロードができる。加えて、TwillioやIFTTTなど、外部アプリと連携し、BOLTで取得したセンサーデータをトリガーとした通知機能の作成も可能など、安価なプラットフォームながらデバイスからクラウド、スマートフォンまで一貫した環境が用意されており、IoTアプリケーションの短期開発を可能にしている。

photo

価格はBOLT Wi-Fiモジュール、クラウド/スマホアプリ利用料が一括で9ドル(約990円)。その他のラインアップとして、Wi-Fiチップに加え温度/近接センサーやフォトレジスター、ボタンスイッチなどの部品がセットになったStarter Kitが19ドル(約2090円)なども用意している。4ドル(約440円)からの追加送料で、日本への発送にも対応する。

BOLTはKickstarterにて9月14日までクラウドファンディング中だ。目標額は3万8000ドル(約418万円)。製品発送は今年11月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る