新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CO2センサーで空気の質をモニタリング——アトモフ、「Atmoph Window」の4K大型モデル発売へ 

アトモフは、デジタル窓「Atmoph Window」の4K大型モデル「AW501」を発表した。

Atmoph Windowは4K映像と音声を流す27インチのディスプレイで、2015年6月にKickstarterで資金調達を実施し、最終的に16万ドル(約1730万円)以上を集めて商品化された。

今年4月には5GHz Wi-Fiへの対応を発表。また、8月には2~3台の窓を連携させ、大きな風景をひとつなぎに表示する「パノラマ機能」も発表している。

これまで、Atmoph Windowは店舗やオフィス、ホテルや医療施設などでの導入も多く、「さらに大きな窓が欲しい」というユーザーの要望が多かったとのこと。今回の4K大型モデルの発表により、ユーザーの要望に応えた形となる。

従来品の液晶パネルは27インチ(解像度:1920×1080)であったのに対し、AW501は縦横2倍、面積4倍のサイズに相当する55インチ、搭載液晶パネルは4Kサイズ(解像度:3840×2160)となり、アトモフが独自に撮影してきた500本以上の4K動画がそのままのクオリティで表示できる。

また、AW501にはAtmoph Windowシリーズで初となるCO2センサーが搭載されており、空気の質をモニタリングした上で、CO2濃度に合わせて換気を促してくれる。

サイズは1300×750×70mm、重量は25kg。内蔵ストレージは従来品の32GBから128GBに、フルレンジスピーカーも2Wから5Wにグレードアップしている(技術仕様やサイズ/重量などは変更の可能性あり)。

発売時期は2017年12月、価格は30万円前後(税抜)の予定だ。

並行してAtmoph Windowは、9月8~12日にパリにて開催されているインテリアデザインの国際見本市「MAISON&OBJET PARIS 2017」に、初出展を果たしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——ホームオートメーションもできるよ
  2. PS4コントローラーでRCサーボを動かそう——サーボ制御基板「ServoShock 2」
  3. TechShare 、ASUSのシングルボードコンピューター「Tinker Board S」の国内販売開始
  4. GPIOピンヘッダー実装済みのPi Zero——「Raspberry Pi Zero WH」が登場
  5. 東大など、3次元空中ディスプレイに応用可能な空中浮遊/移動するLED光源を開発
  6. 最大400×400×140mmの発泡スチロールを切り出し加工——フォームカッター「CNC HotWire-Cutter」
  7. XYZプリンティング、シリーズ最大のFFF方式3Dプリンター「ダヴィンチ Super」の予約販売開始
  8. 大型LCDで高速造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Kendle K2」
  9. 3G/LTE通信ボード「CANDY Pi Lite」が「ASUS Tinker Board」に正式対応
  10. 粘土素材で3Dプリンティング——セラミックプリンティングキット「StoneFlower」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る