新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アジャイルなハードウェア開発を可能に——PCB用3Dプリンター「DragonFly 2020 Pro」

イスラエルのNano Dimensionは、プリント回路基板(PCB)用3Dプリンター「DragonFly 2020 Pro」を発表した。

DragonFly 2020 Proは、以前fabcrossで紹介したデスクトップモデルの後継機だ。高精度インクジェットデポジション方式により基板のトレース/スペースを高解像度でプリントできる。また、外側から穴が見えないベリードビアやめっき処理したスルーホールなどの接続を含む多層基板の製造が可能だ。

DragonFly 2020 Pro

PCBを社内で試作できるので、開発中に機密性の高い設計情報を社外に出す必要がなく機密情報を守れることも特長の一つ。最低発注数量を考慮する必要もなく、試作にかかる外注費用を大幅に抑えられるとのことだ。

DragonFly 2020 Proは、PCBのプロトタイピングにつきまとう複雑さやボトルネックを解消するので、電子機器開発に携わる企業は開発サイクルを掌握できるようになり、迅速で安全かつ費用対効果に優れたハードウェア開発が可能になるという。

DragonFly 2020 Proの本体サイズや価格など詳細は明らかにされていないが、早期アクセスプログラムを通じて見積もりが可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  3. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  4. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  5. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  6. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  9. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  10. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る