新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アジャイルなハードウェア開発を可能に——PCB用3Dプリンター「DragonFly 2020 Pro」

イスラエルのNano Dimensionは、プリント回路基板(PCB)用3Dプリンター「DragonFly 2020 Pro」を発表した。

DragonFly 2020 Proは、以前fabcrossで紹介したデスクトップモデルの後継機だ。高精度インクジェットデポジション方式により基板のトレース/スペースを高解像度でプリントできる。また、外側から穴が見えないベリードビアやめっき処理したスルーホールなどの接続を含む多層基板の製造が可能だ。

DragonFly 2020 Pro

PCBを社内で試作できるので、開発中に機密性の高い設計情報を社外に出す必要がなく機密情報を守れることも特長の一つ。最低発注数量を考慮する必要もなく、試作にかかる外注費用を大幅に抑えられるとのことだ。

DragonFly 2020 Proは、PCBのプロトタイピングにつきまとう複雑さやボトルネックを解消するので、電子機器開発に携わる企業は開発サイクルを掌握できるようになり、迅速で安全かつ費用対効果に優れたハードウェア開発が可能になるという。

DragonFly 2020 Proの本体サイズや価格など詳細は明らかにされていないが、早期アクセスプログラムを通じて見積もりが可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  3. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  4. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  5. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る