新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piに接続できるFPGA開発ボード「FleaFPGA Ohm Board」

ラティスセミコンダクターのFPGA「ECP5」を搭載したFPGA開発ボード「FleaFPGA Ohm Board」が、Indiegogoにて出資を募っている。

photo

FleaFPGAは、Raspberry Pi Zero同等の65×30mmの小型基板に、ラティスセミコンダクターのFPGA「ECP5」を搭載したFPGA開発ボードだ。Raspberry Piの40ピンGPIOと互換性のあるGPIOヘッダーを備え、ADC入力×4、LVDSチャンネル×12などが利用できる。

他に入出力インターフェースとして、microSDカードスロット×1、MicroUSB×3(ホスト×2、スレーブ×1)、デジタルビデオ出力端子×1を備え、デジタルビデオ出力の解像度は1080p/30fps、720p/60fpsなどに対応する。5V電源の供給はMicroUSB(スレーブ)経由で、こちらはFPGA書き換え用のシリアル/UART通信、デバッグ用JTAGインターフェースとしても利用できる。

photo Minimigコアの実行画面例

なお開発元により、FleaFPGAで実行できるHDLとして、Minimig(コモドール Amiga 500コア)/Next186(VGA/FMサウンドをサポートするPC ATコア)/Sweet32 SoC(オリジナルアーキPC)/デジタルオシロスコープなどのプロジェクトが公開されているので、参考になるだろう。

photo

Indiegogoでの販売価格は45ドル(約5070円)。4ドル(約451円)の追加送料で、日本への発送にも対応する。

FleaFPGAは、Indiegogoにて11月4日までクラウドファンディング中だ。目標額1万600ドル(約119万円)に対し、10月4日時点で5000ドル(約56万4000円)以上を集めている。製品発送は2018年1月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. Raspberry Piやmicro:bitを学ぶもくもく会から、東日本大震災被災地で開催するロボットワークショップまで(9月14日~)
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. メタルDIY(神奈川県横浜市)
  10. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る