新しいものづくりがわかるメディア

RSS


外出中でもペットと遊べる——2輪走行型リモートコントロールロボット「Laïka」

ペット用のインタラクティブ機能を備えた2輪走行型ロボット「Laïka」が、Indiegogoにて出資を募っている。

photo

Laïkaは、HDカメラやマイク、スピーカーなどを搭載し、スマートフォンアプリ(Android/iOS対応)を通じてペットの様子を確認しながら遠隔操作できるロボットだ。アプリによる手動操作に加え、自動走行モードも用意している。

photo

本体前部に搭載されたHDカメラでは720p/30fpsの動画が撮影可能で、ペットの様子をオンデマンドで録画し、ライブストリーミング配信もできる。また、内蔵スピーカーを通じて話しかけることもできる。また、おやつ(1.2cm以下)を最大30個セットして射出する機能もある。

photo

愛犬の吠える鳴き声をマイクで検出し、スマートフォンにプッシュ通知する機能も搭載。外出中でもLaïkaを通じて話しかけ、落ち着かせたり、セットしたおやつをあげたりという使い方もできる。

photo

本体寸法は190×170×140mm、重量は約1050g。1.5時間でフル充電し、留守中でも充電できる専用の充電ステーションが付属する。開発元によると、大型犬に噛まれても壊れない耐久性を持たせたとしており、水分で故障や漏電しないよう生活防水(IP53)相当で設計されている。

photo

予定販売価格は500ドル(約5万6400円)。充電器と、愛犬の首輪に装着して位置を検出できるトラッカーが所属する。Indiegogoでは、約45%オフとなる275ドル(約3万1000円)で購入できるプランなどを提供している。20ドル(約2260円)の追加送料で、日本への発送にも対応する。

photo

LaïkaはIndiegogoにて11月4日までクラウドファンディング中だ。目標額4万ドル(約451万円)に対し、10月5日時点で4万8000ドル(約541万円)以上を集めている。製品発送は2018年6月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る