新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで動く機関車——組み立て式鉄道模型キット「Bridger」

ブロックのように簡単に組み立てられる鉄道模型キット「Bridger」がKickstarterに登場、支援を募っている。

photo

Bridgerは、子どもでも簡単に組み立てられるモジュール式組み立て式鉄道模型だ。組み立てには接着剤やはんだ付けなどは不要で、塗装済みのパーツを接続すればブロックの凸凹は外から見えないようなデザインになっている。

photo

機関車には、Raspberry Pi 3 model Bと4tronixのロボット制御用拡張基板「RoboHAT」を搭載し、タブレットからWi-FiのP2P接続してのコントロールが可能だ。タブレットには、リモートデスクトップ「VNC viewer」をインストールし、Raspberry Piのデスクトップを表示し、サンプルコードとして提供されているコントローラーを起動して動かすことができる。

photo

走行用のレールキットを使えば、ブロックを接続して機関車を走行させることができる。機関車は乾電池を搭載しているので、軌道から電源をとる必要はない。なお、プロジェクト内ではスケールは明示されていないが、O(オー)ゲージ(軌間32mm)上で貨車をけん引走行させている動画が公開されている。

photo

すぐに動かせるよう、プログラミング済みのmicro SDカードを用意しており、1両目の機関車は「Engine A」として認識され、コントロールできる。複数車両を同時にコントロールしたい場合、「Engine B/C/D/E」として認識できるプリセットmicro SDカードもある。Raspberry PiとRoboHATを使っているので、PythonやScratchでのプログラミングをサポートしていると思われる。なお、今後開発用のフォーラムをオープンするとしている。

photo

販売価格は2万2999円だが、Kickstarterでは早期割引として電気機関車とレールセットを1万9999円で購入できるプランの他、海外の機関車・貨物列車をイメージしたデカールや拡張レールセットなども用意している。なお、Raspberry Piや乾電池は別売だ。国内送料は1000円から(セットにより異なる)。

photo

BridgerはKickstarterにて11月24日までクラウドファンディング中。目標額は1万円で、製品発送は2018年5月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る